保健・化学物質対策

公開セミナー「国際的な水銀対策の動向と日本企業への期待」

 環境省では、今後の世界規模での水銀対策の推進に向けた国際的な動向について解説するとともに、我が国の水銀対策技術の可能性について具体的事例を紹介することを目的に、公開セミナー「国際的な水銀対策の動向と日本企業への期待」を2013年9月2日に開催しました。

日時

 平成25年9月2日(月)13:00~16:00

場所

 東京ウィメンズプラザ ホール

プログラム

13:00~13:05
開会挨拶 環境省
13:05~13:35
「UNEP's Mercury Programme and the Minamata Convention on Mercury Protecting human health and the environment」 [PDF 1,835KB]
(UNEPの水銀プログラムと水銀に関する水俣条約-ヒト健康と環境の保護-)
 Tim KASTEN, UNEP/Chemical Branch
13:35~14:05
「UNEP世界水銀パートナーシップを通じた日本の貢献」 [PDF 976KB]
 田中 勝(鳥取環境大学教授)
14:05~14:30
「中国における水銀問題と中国政府の動き」 [PDF 917KB]
 染野 憲治(東京財団研究員)
14:30~14:40
(休憩)
14:40~14:55
事例紹介:「Regulation and methods for mercury emissions control
 長安 立人
 (三菱重工業株式会社 環境プラント計画グループ グループ長)
14:55~15:10
事例紹介:「廃蛍光管からの水銀回収」
 浜田 恒徳(JFE環境株式会社 蛍光灯営業室)
15:10~15:55
質疑応答
15:55~16:00
閉会挨拶 環境省

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ