保健・化学物質対策

放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料(平成26年度版)の掲載について(お知らせ)

平成27年12月22日
環境省総合環境政策局環境保健部放射線健康管理担当参事官室
国立研究開発法人放射線医学総合研究所

1.作成の趣旨

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質による健康不安は、私たちが今後数十年にわたり向き合っていかなければならない問題で、正確でタイムリーな情報提供が極めて重要です。このため、関係府省庁と一体となり、放射線の基礎知識と健康影響、事故の状況と放射能放出、環境モニタリングと汚染状況、食品中の放射能濃度、事故からの回復に向けた取組、除染の考え方、放射線被ばくと県民健康調査結果と6章に分けて、有識者の先生方に監修をいただき、国の統一的な基礎資料としています。

環境省放射線健康管理担当参事官室では、平成24年に国立研究開発法人放射線医学総合研究所に委託し、放射線の基礎知識、放射線による健康影響に関する科学的な知見や関係府省庁の情報について収集整理を行い、「統一的な基礎資料」をまとめました。監修にご協力いただいた先生方に深く感謝いたします。成果物は、ダウンロードして研修や授業等にお使いいただけます。ぜひ、参考図書として、ご活用ください。

(注)本資料は、平成24年度委託事業において国立研究開発法人放射線医学総合研究所が受託し作成したものを、平成26年度委託事業において、公益財団法人原子力安全研究協会が受託し、改訂したものです。

平成25年度版から平成26年度版への主な改訂点

第1章「放射線の基礎知識と健康影響」

  1. 新たな項目「国際機関による評価」として、WHO(世界保健機関)とUNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)による評価に関する情報を追加
  2. こころのケアに関するマニュアル類の概要を追加
  3. わかりにくいあるいは誤解を招く可能性のある内容、表現等を修正
  4. データの更新

第2~6章

  1. 担当省庁等によるデータ及びノートの更新
  2. いつの時点のデータであるか、データの時期の表示を工夫
  3. 関連Q&Aを記載

Q&A

  1. 担当省庁によるデータ更新

2.利用上のお願い

(1)出典の記載

当資料をご利用いただく際には、下記のとおり出典の記載をお願いいたします。

出典:環境省・放医研「放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 平成26年度版 ver.2014001」

なお、環境省以外の出典元が明記されている図表等の著作権は出典元に帰属しますので、出典元を明記の上、使用してください。詳しくは「著作権・リンクについて」をご参照ください。

3.資料のダウンロード (PDF形式)

(1)説明資料

(2)Q&A

  • 第1章 放射線の基礎知識と健康影響
  • 第2章 事故の状況
  • 第3章 環境モニタリング
  • 第4章 食品中の放射性物質
  • 第5章 事故からの回復に向けた取組
  • 第6章 健康管理

4.資料に対するご意見・ご指摘について

本資料に関するご意見・ご指摘等については、指定されたフォーマット [TEXT 4KB]に記載した上で、下記事務局のメールアドレスに送付をお願いします。今後の改訂等の参考にさせていただきます。なお、収集した情報の取り扱いについては、こちらのページをご確認ください。

5.資料の改訂について

今回、掲載した資料は、平成27年1月末までの情報を元に作成したものであり、その後の情報については反映されておりません。最新の情報については、直接、各省庁のホームページにてご確認をお願いいたします。

問い合わせ先
環境省総合環境政策局環境保健部
放射線健康管理担当参事官室
代表:03‐3581‐3351(内線6399)
FAX :03‐3581‐3368
E-mail: ml-housyasenkisoshiryo@env.go.jp
ページ先頭へ