保健・化学物質対策

平成28年度化学物質の内分泌かく乱作用に関する公開セミナー(EXTEND2016) 開催報告

日時  平成28年12月7日(水)13:30~17:00
会場  浜離宮朝日ホール・小ホール
    東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社・新館2階
主催  環境省

1. 開催目的

 化学物質の内分泌かく乱作用(いわゆる「環境ホルモン」)については、これまで進めてまいりましたEXTEND2010の成果を受け、平成28年6月に環境省が「化学物質の内分泌かく乱作用に関する今後の対応― EXTEND2016 ―」を取りまとめました。これに基づき、作用・影響評価の実施、試験法の開発、国際協力事業などを進めています。
 本セミナーは、我が国及び海外での化学物質の内分泌かく乱作用に関する研究や検討の動向を広くお知らせすることを目的として、平成22年度より開催してきました。
 今回の公開セミナーでは、欧州から2人の講師をお招きして、化学物質の内分泌かく乱作用に関する国際的な検討の状況等について、専門的な観点から講演いただくとともに、国内の取組や国際的協力の下で進めている取組についても報告いたします。

2. 参加者数

一般傍聴者:121名
会場の様子

3. プログラム

13:30-13:35 環境省 開会挨拶

梅田 珠美(環境省環境保健部長)
環境省環境保健部長 梅田珠実

13:35-14:25 内分泌かく乱化学物質ばく露によるヒト健康リスク及び野生生物リスクはかなり過小評価されているかもしれない

Dr. Åke Bergman(スウェーデン毒性科学研究センター(Swetox))
スウェーデン毒性科学研究センター Dr. Ake Bergman
講演資料1/5のダウンロード[PDF 3,526KB]
講演資料2/5のダウンロード[PDF 4,267KB]
講演資料3/5のダウンロード[PDF 3,362KB]
講演資料4/5のダウンロード[PDF 4,036KB]
講演資料5/5のダウンロード[PDF 3,896KB]

14:25-15:15 内分泌かく乱化学物質の環境ハザード・リスク評価(EHRA):SETAC PellstonワークショップTMにおける成果報告より

Dr. Peter Matthiessenコンサルタント、英国有害物質諮問委員会
コンサルタント、英国有害物質諮問委員会 Dr. Peter Matthiessen
講演資料1/4のダウンロード[PDF 1,263KB]
講演資料2/4のダウンロード[PDF 1,023KB]
講演資料2/4のダウンロード[PDF 1,259KB]
講演資料2/4のダウンロード[PDF 4,860KB]

15:15-15:30 休憩

15:30-15:55 化学物質の内分泌かく乱作用に対する環境省の対応 -EXTEND2016

山崎 邦彦(環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課)
講演資料のダウンロード[PDF 2,562KB]

15:55-16:25 化学物質の内分泌かく乱作用の生態影響に関する試験法

鑪迫 典久(国立環境研究所環境リスク・健康研究センター)
国立環境研究所環境リスク・健康研究センター 鑪迫 典久
講演資料のダウンロード[PDF 1,820KB]

16:25-16:55 内分泌かく乱化学物質研究に関する日英共同研究の成果および今後の展望について

井口 泰泉(横浜市立大学)
横浜市立大学 井口 泰泉
講演資料1/6のダウンロード[PDF 2,620KB]
講演資料2/6のダウンロード[PDF 1,755KB]
講演資料3/6のダウンロード[PDF 3,403KB]
講演資料4/6のダウンロード[PDF 1,625KB]
講演資料5/6のダウンロード[PDF 2,238KB]
講演資料6/6のダウンロード[PDF 1,961KB]

17:00 閉会

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ