荒川下流

トビハゼをシンボルに持続可能な仕組みを構築
荒川下流
若洲海浜公園 より荒川を望む

関東平野を背に東に房総半島、西に三浦に囲まれた半島東京湾。
内湾漁業に優れた海で、古くから海苔の養殖などが盛んに行われていました。
現在、東京湾奥部の荒川下流で、トビハゼの生息数のモニタリング調査と、トビハゼをシンボル
とした 参加型のごみ拾い活動などを実施し、泥干潟の保全や河川・海洋ごみの削減や人材育
成などを通して、 持続的な活動の仕組みを構築しています。

トビハゼと泥干潟の生態系の紹介動画

(2022年度モデル事業:NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム)

清掃活動Vlog風動画

活動団体NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム

所在地
東京都江戸川区東小松川
3-35-13-204 NICハイム船堀
(小松川市民ファーム内)
HP
https://cleanaid.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/arakuri_acf/
Twitter
https://twitter.com/arakuri_acf
Facebook
https://ja-jp.facebook.com/ArakawaCF/
YouTube
https://www.youtube.com/@npocf3677

活動風景

企業等が参加した
公募型清掃活動の様子

清掃活動後の
生物多様性講座の様子

モニタリング調査で確認されたトビハゼの成魚

インターンシップ生との
干潟モニタリング調査の様子

トビハゼ産卵巣の様子

荒川下流へのアクセス

荒川下流へのアクセス