報道発表資料

この記事を印刷
2022年06月20日
  • 地球環境

温室効果ガスの排出削減目標達成を支援するモデル事業への参加企業募集について

 環境省は、Science Based Targets(以下、SBTという。)等の温室効果ガスの排出削減目標を設定した企業の目標達成を支援する「令和4年度大企業のサプライチェーン全体の脱炭素化推進モデル事業」への参加企業の募集を開始しましたので、お知らせいたします。
 本事業では、参加企業が目標達成に向けた課題への対策を検討し、実行計画を策定することを支援し、我が国における排出削減のロールモデル企業の創出とその横展開を目指します。

1.参加企業等の募集について

実施内容:参加企業は、委託事業者の支援を受けつつ、以下の検討を主体的に実施 

  • 目指す姿の特定(排出削減の目的・意義の明確化、目標達成に必要な削減量の特定)
  • 具体的な排出削減施策の検討(SC全体での排出削減に向けた課題の特定、その課題を解決する打ち手の検 討、打ち手の優先順位付け)
  • 実行計画の策定(目標達成に向けたロードマップの作成、全社戦略や対外コミュニケーションとの接続の明確化)

対象企業:SBT認定取得済企業(認定申請中含む)

その他、サプライチェーン全体で中長期削減取組の目標を設定等している企業を含めて4社程度

 

募集期間:令和4年6月20日(月)~同年7月19日(火)17時まで

 

申請書提出先及び問合せ先について:

 モデル事業への応募を希望する企業は、「公募要領」(添付資料1)及び「事業概要」(添付資料2)を御確認の上、「申請書」(添付資料3)、「申請書(別添)」(添付資料4)に必要事項を記入、PDF化したファイルを、令和4年7月19日(火)17時までに下記の提出先へメールにて御提出ください。なお、昨年度版の「SBT等の達成に向けたGHG排出削減計画策定計画策定ガイドブック」(添付資料5)も参考資料として御覧ください。

E-mail:SBTsupport2022@bcg.com

令和4年度大企業のサプライチェーン全体の脱炭素化推進モデル事業 事務局

(ボストン・コンサルティング・グループ合同会社)

 

2.事業実施の趣旨・背景について

 パリ協定において企業等の非政府主体における排出削減が求められたことから、グローバルに活動を行う大企業を中心にSBT等の脱炭素経営の取組が広がっております。そして、我が国の温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとするためには、脱炭素に向けた取組を、個別企業における取組に加えて、サプライチェーン全体に広げていくことが重要です。

 このため、SBT等の目標の達成に向けた企業の具体的な削減行動を促進するため、「令和4年度大企業のサプライチェーン全体の脱炭素化推進モデル事業」を実施することといたしました。

 本事業により、我が国における企業の排出削減のロールモデルを創出するとともに、事業を通じて得られたノウハウを幅広い企業に横展開することを目指します。

 

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ビジネス推進室
代表
03-3581-3351
直通
03-5521-8249
室長
内藤 冬美 (内線 5762)
課長補佐
泉 勇気 (内線 5809)
係長
金澤 晃汰 (内線 5764)
担当
加藤 良介 (内線 5808)
担当
東條 祐作 (内線 5758)

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

Get ADOBE READER