報道発表資料

この記事を印刷
2022年06月20日
  • 総合政策

環境教育等促進法に基づく「人材認定等事業」登録制度 の新規登録について (エアコンクリーニング廃液処理技術者認定資格試験事業【一般社団法人ACクリーニング廃液適正処理推進協会】)

環境省は、民間事業者等が行う資格認定事業等の社会的な信頼性を高め、環境の保全に必要な能力を向上する機会を広く提供するために、環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)に基づく「人材認定等事業」登録制度を運用しています。
この度、「エアコンクリーニング廃液処理技術者認定資格試験事業」が新たに登録されましたのでお知らせいたします。

1 新たに登録された「人材認定等事業」について  

〇事業の名称:エアコンクリーニング廃液処理技術者認定資格試験事業

      (http://actc-japan.or.jp/qualification/

〇事業者名:一般社団法人ACクリーニング廃液適正処理推進協会      

〇事業の概要:企業及び個人でエアコンクリーニング事業の管理、作業実務に携わる担当者を対象に、廃液処理を行う上での必須知識の講習を行い、担当者としての必要な能力の習得の程度を検定試験によって判定し、これらを通じて、SDGsや環境保全に積極的に取り組む企業や人材の育成を目指し認定する事業。

 

2 「人材認定等事業」登録制度について

 環境教育等促進法第11条に基づき、民間事業者が行う環境保全に関する知識や指導に係る能力を有する者等の育成・認定、環境教育等に関する教材の開発等の事業を、国が登録する制度です。

 本制度は、登録された事業の環境教育の質の高さを担保するとともに、それらの事業を周知することで、環境人材の育成等の更なる促進、環境教育等を実践しようとする人や団体による、ニーズに合わせた人材や教材へのアクセスを円滑にします。

 現在、52件(令和4年6月現在)の事業が登録、年間約12,000人(令和2年度)の認定・育成が行われています。

(参考:人材認定等事業の登録制度について http://www.env.go.jp/policy/post_96.html

人材認定等事業マーク

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室
代表
03-3581-3351
直通
03-5521-8231
室長
相澤 寛史 (内線 5573)
企画官
浅原 堅祐 (内線 5585)
室長補佐
富樫 伸介 (内線 5587)
担当
中村 哲子 (内線 5590)