報道発表資料

この記事を印刷
2022年06月14日
  • 自然環境

「ポスト2020生物多様性枠組」第4回公開作業部会 の開催について

1.2022年6月21日から同月26日まで、ケニア・ナイロビにおいて、「ポスト2020生物多様性枠組」に関する第4回公開作業部会(OEWG4)が開催されます。
2.「ポスト2020生物多様性枠組」の第1次ドラフトにあるゴール及びターゲット等が議論されます。
3.ここでの議論の結果が生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)第二部の決定案(「ポスト2020生物多様性枠組」の最終ドラフト等)に反映される予定です。

■ 経緯

 愛知目標に続く生物多様性の新たな世界目標「ポスト2020生物多様性枠組」(以下「ポスト枠組」)は、本年第3四半期(7~9月)に中国・昆明で開催予定の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)第二部で採択される予定です。

 2022年3月にスイス・ジュネーブにおいて、「ポスト2020生物多様性枠組」に係る第3回公開作業部会(OEWG3)が開催されましたが、多くの議題において各国の意見に隔たりがあったため、複数の選択肢を括弧書きで併記した成果文書(勧告案)が多数採択されました。こうした背景のもと、ポスト枠組採択の準備交渉を進展させるため、第4回公開作業部会(OEWG4)がケニア・ナイロビで開催されるものです。

■ 会議の概要

 本会合ではポスト枠組の1次ドラフトを中心に議論が行われます。それらの議論の内容がCOP15第二部の決定案(ポスト枠組の最終ドラフト等)に反映される予定です。

 

ポスト2020生物多様性枠組に関する第4回公開作業部会(OEWG4)

(1)開催期間

2022年6月21日~ 同年6月26日

(2)主な議題

○ ポスト2020生物多様性枠組

「ポスト2020生物多様性枠組」の1次ドラフトに基づく具体的なゴール及びターゲットの書きぶりの検討(OEWG3での検討の継続)

○ 遺伝資源のデジタル配列情報(DSI)の利用に係る利益配分

「ポスト2020生物多様性枠組」におけるDSIの取扱いに関するCOP15への勧告案の検討(OEWG3での検討の継続)

ほか

 

会合の公式ウェブサイトは以下のとおりです。

https://www.cbd.int/conferences/post2020/wg2020-4/documents

 

【参考1】「ポスト2020生物多様性枠組」に関する公開作業部会(Open-ended Working Group on the post-2020 global biodiversity framework: OEWG)

・ CBD-COP決定14/34により、「ポスト2020生物多様性枠組」の策定を支援するために設立。

・ 2019年8月及び2020年2月に、それぞれ第1回及び第2回会合を対面で開催済み。

・ 2021年8月~9月に第3回会合のオンラインセッション(第一部)を開催済み。

・ 2022年3月に第3回会合第二部を対面で開催済み。

 

【参考2】環境省による「ポスト2020生物多様性枠組」に係るウェブサイト

https://www.biodic.go.jp/biodiversity/about/treaty/post2020gbf.html

                                    以上

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室
代表
03-3581-3351
直通
03-5521-8275
室長
中澤 圭一 (内線 6480)
室長補佐
浜 一朗 (内線 6484)
係長
友居 洋暁 (内線 6482)