報道発表資料

令和4年1月11日
再生循環
この記事を印刷

「福島、その先の環境へ。」シンポジウムの開催について

「福島、その先の環境へ。」シンポジウムを令和4年3月12日(土)に下記のとおり開催することとしましたので、お知らせします。

1.開催趣旨

 環境省では、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故の発生以降、除染を始め、被災地の環境再生に取り組んでいます。加えて、環境再生の取組のみならず、脱炭素等の環境施策を通じて福島復興の新たなステージに向けて取り組むべく、福島県との連携協力協定を踏まえ、「福島再生・未来志向プロジェクト」を推進しています。

 このプロジェクトの一環として、福島の復興・再生の取組を振り返るとともに、県内外の方々と福島の未来について共に考える「福島、その先の環境へ。」シンポジウムを令和4年3月12日(土)に開催いたします。また、同日の午前中には、環境再生事業を始め、福島の復興・再生の取組を見学することができる見学ツアー(ふたばふたたびツアー)も予定しております。

 なお、本シンポジウムは一般社団法人LOVE FOR NIPPONと協働により、「福島、その先の環境へ。」シンポジウム実行委員会での実施を予定しております。

※  「福島、その先の環境へ。」シンポジウム及び見学ツアーについては、後日、参加者を募集する予定です。その他、詳細に関しては後日、改めて報道発表させていただきます。

2.開催日

  • シンポジウム

    令和4年3月12日(土)午前 SOTEシンポジウム ※関係者のみ

        同日  午後 「福島、その先の環境へ。」シンポジウム ※後日公募予定

    ※ (一社)LOVE FOR NIPPON が展開するSONG OF THE EARTHというイベント名の略称。

  • 見学ツアー

    令和4年3月12日(土)午前

3.開催/集合場所

  • シンポジウム/見学ツアー
    ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)

4.参加費

無料

(ただし、見学ツアーについては費用が発生する場合がございます。)

連絡先

環境省環境再生・資源循環局福島再生・未来志向プロジェクト推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3581-2788
  • 室長布田洋史
  • 参事官補佐森田重光(内線 7512)
  • 担当杉野伊吹(内線 7817)
ページ先頭へ