報道発表資料

令和3年12月17日
再生循環
この記事を印刷

双葉町「環境再生」デザインプロジェクト最終報告会の開催について

環境省環境再生・資源循環局及び福島地方環境事務所は、福島県にある郡山女子大学短期大学部地域創成学科とともに双葉町由来の生地を活用したリメイク品のデザインに取り組むプロジェクトを推進しています。
この度、双葉町及び双葉町中野地区復興産業拠点に進出する企業の協力により、リメイク品が完成しましたので、報告会を令和3年12月25日(土)に以下のとおり開催します。

1.趣旨

環境省環境再生・資源循環局及び福島地方環境事務所は、将来を担う若者世代と連携し、被災地域の活動を通じて、福島の復興、環境再生の状況を広く全国民に向け発信し、被災地域の活性化に繋げる取組を行っております。

今年度は福島県にある郡山女子大学短期大学部地域創成学科とともに双葉町由来の生地を活用したリメイク品のデザインに取り組むプロジェクトを推進しています。

本プロジェクトにおいて、郡山女子大学短期大学部地域創成学科は、双葉町立双葉北小学校及び南小学校でそれぞれ使用していた紅白幕とカーテンを双葉町より譲り受け、来秋双葉町中野地区復興産業拠点に進出するフレックスジャパン株式会社の協力を得てリメイク品のデザイン及び制作に当たってきました。

報告会では、本プロジェクトに取り組んできた学生が、これまでの活動の経緯やデザインしたリメイク品への思いを発表します。

なお、完成したリメイク品の詳細は、最終報告会の中で発表させていただきます。

このリメイク品は、令和4年1月3日(月)に開催する双葉町の成人式において、新成人の皆様に贈呈します。

2.開催概要

日 時:令和3年12月25日(土)11:00~12:00(予定)

会 場:双葉町産業交流センター

(福島県双葉郡双葉町大字中野字高田1番地1)

報告者:郡山女子大学短期大学部地域創成学科准教授 小松 太志氏 ほか学生5名

出席者:双葉町長 伊澤 史朗氏

フレックスジャパン株式会社代表取締役社長 矢島 隆生 氏

環境省環境再生・資源循環局 参事官 番匠 克二

環境省福島地方環境事務所長 秦 康之

内 容:郡山女子大学短期大学部地域創成学科の小松准教授と学生から本プロジェクトの成果について報告を行い、出席者から講評をいただきます。

3.当日の取材について

取材は事前登録制とさせていただきます。

取材を御希望の場合は、令和3年12月22日(水)までに、氏名、会社名、役職名及び連絡先(電話番号・電子メールアドレス)、参加人数並びにカメラ撮影の有無を以下連絡先に、電子メールにて御連絡ください。

 

【取材登録先】

環境省福島地方環境事務所

総務部渉外広報課 担当:佐藤、中島

 メールアドレス:mirai_shikou_fukushima@env.go.jp

※ 新型コロナウイルス感染症対策のため、当日は手指の消毒、手洗い、マスクの着用・咳エチケット等の感染症対策の徹底への御協力をお願いいたします。

※ 取材に当たっては、記者証又は社名入りの腕章を着用の上、現地担当者の指示に従ってください。

連絡先

環境省環境再生・資源循環局福島再生・未来志向プロジェクト推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3581-2788
  • 室長布田 洋史(内線 7505)
  • 担当森田 重光(内線 7512)
ページ先頭へ