報道発表資料

令和3年11月5日
自然環境
この記事を印刷

「ポスト2020生物多様性枠組への日本の貢献~UNDB-J主流化事例からのバトンパス~」の開催について

環境省と2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)は、生物多様性条約事務局と共催で、生物多様性の主流化に向けたオンラインイベントを開催します。

1.ポスト2020生物多様性枠組への日本の貢献~UNDB-J主流化事例からのバトンパス~の概要

○ 名称:ポスト2020生物多様性枠組への日本の貢献~UNDB-Jの主流化事例からのバトンパス~

○ 趣旨:今年10月に終了した「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の取組とその成果等を振り返り、国内外に発信することで、今後採択予定の新たな世界目標である「ポスト2020生物多様性枠組」の議論に貢献するとともに、同枠組に向けた国内の取組を促進します。

○ 日時:令和3年11月17日(水) 9:00~11:00(日本時間)

○ 場所:オンライン方式(Zoom) (日・英同時通訳あり)

○ 費用:無料

○ 主催:環境省

     2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)

○ 共催:生物多様性条約事務局

○ 構成(予定):

(1) 開会挨拶 

・Elizabeth Maruma Mrema (生物多様性条約事務局長)

・奥田 直久 (環境省自然環境局長)

(2) 第一部:「国連生物多様性の10年(UNDB)の成果と今後の取組」についての各団体からの発表

・モデレータ:道家 哲平(日本自然保護協会)

・発表者:生物多様性条約事務局、経団連自然保護協議会、愛知県、名古屋市、

生物多様性わかものネットワーク、環境省 

(3)第二部:「ポスト2020年生物多様性枠組と、さらなる生物多様性の主流化に

向けてなすべきこと」についてのパネルディスカッション

・コーディネータ:涌井 史郎 (東京都市大学 特別教授)

・パネラー:第一部参加者

(4)閉会挨拶

・武内 和彦 (公益財団法人 地球環境戦略研究機関 理事長)

  

2.参加申込み

参加には事前登録が必要です。(公財)日本自然保護協会が管理する以下のサイトで参加を受け付けています。

https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_9JzimIAsS_STtfbb_zb2Ow

  • 参加は無料です。

    参加のお問合せ先:(公財)日本自然保護協会(担当:道家)

    Mail:press@nacsj.or.jp

3.報道関係者の方へ

取材を御希望の場合は下記連絡先まで御連絡ください。

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03-5521-8150
  • 室長谷貝 雄三(内線 6661)
  • 室長補佐志野 直紀(内線 6666)
  • 担当角野 匠(内線 7452)
ページ先頭へ