報道発表資料

令和3年10月18日
地球環境
この記事を印刷

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)ジャパン・パビリオンにおける展示及びセミナーについて

 令和3年10 月31 日(日)~同年11 月12 日(金)に英国・グラスゴーで開催が予定されている、国連気候変動枠組条約第26 回締約国会議(COP26)の会場において、日本企業等による展示やセミナーを実施する「ジャパン・パビリオン」を設置します。また、オンライン上で日本企業等の展示等を行う「ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」を併せて設置します。

 環境省は、国内外の脱炭素移行に向けて、官民合わせて一丸となって取り組む我が国の取組や環境技術を国内外に発信するため、日本企業等による展示やセミナーを実施する「ジャパン・パビリオン」及びオンライン上で日本企業の展示等を行う「ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」を、COP26 開催期間中に設置します。

 パビリオンにおける展示に当たっては、我が国が誇る脱炭素技術を同年7 月20 日(火)に募集し、応募があった中から、実地展示12 件、バーチャル展示33 件を選定しました(別紙1のとおり)。


 また、パビリオン実地会場においては、別紙2に掲げるセミナーを催すことを予定しています。


 展示及びセミナーに関する詳細な情報は、以下のウェブサイトにおいて同年10 月25 日(月)以降随時掲載することとしています。
・ COP26 ジャパン・パビリオン ウェブサイト  http://copjapan.env.go.jp/cop/cop26/ 

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際地球温暖化対策担当参事官室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8330
  • 参事官水谷 好洋(内線 6772)
  • 参事官補佐井上 直己(内線 7751)
  • 主査岡尾 和真(内線 6775)
  • 担当池田 宏之(内線 6773)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ