報道発表資料

令和3年9月17日
大臣官房
この記事を印刷

「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマに、サステナブルなお買い物チェックを体験!~「選ぶ、食べる、サステナブル展」を9月18日より開催 ~

<農林水産省、消費者庁同時発表>

農林水産省は消費者庁、環境省と連携し、「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」の取組の一環として、9月18日(土)から28日(火)までを、サステナウィークとし、「未来につながるおかいもの」を実施します。
 その取組の一つとして『選ぶ、食べる、サステナブル展』をITOCHU SDGs STUDIO(港区北青山)にて開催します。
また、料理愛好家の平野レミさん、料理家の和田明日香さんが出演し、「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマにお話をいただく動画を農林水産省公式YouTubeチャンネルにて公開します。

1.サステナウィークのコンセプト

私たちの生活は、農林水産業、ひいては自然環境からの恩恵を大きく受けています。生命を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を未来に継承していくためには、気候変動や生物多様性の危機など、自然環境を取り巻く様々な問題から目をそらすことはできません。

しかしながら、私たちが、普段何かを買ったり、食べたりしているときに、それが自然環境にどんな影響を与えているのか思いをはせる機会はなかなかありません。

サステナウィークをきっかけに、見た目だけでなく、食と農業、林業、漁業に携わる多くの関係者の地道な努力、環境に良い活動にも注目してみませんか。サステナウィークは、サステナブルな消費に向けた「小さな一歩」や、何を買えば良いかのヒントが見つかる11日間です。

2.体験型展示イベント「選ぶ、食べる、サステナブル展」

 本展示イベントでは、「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマにサステナブルなお買い物チェックを体験していただくことができます。 

■展示コンセプト

あなたのお買い物が、どれくらいサステナブルなのか、

シミュレーション診断してみませんか?

「お弁当」作りを想像しながら、おかずになる食材を、それぞれ

「見た目や表示がちがう」2つの選択肢から選んで、カゴに入れ、

ゴールまでお持ちください。

ふだんのお買い物のちょっとしたコツで、地球の未来は変えられるかも?

主催: あふの環プロジェクト事務局(農林水産省 協力:消費者庁、環境省)

期間: 918日(土)~1010日(日)11:0018:00 

※休館日:921日、927日、104

会場: ITOCHU SDGs STUDIO (東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden B1F

https://www.itochu.co.jp/ja/corporatebranding/sdgs/about.html

料金: 入館料無料

■「選ぶ、食べる、サステナブル展」コラボレーション弁当の販売

本展示イベントで体験する「サステナブルなお買い物」による食材で作られたお弁当が918日(土)~28日(火)渋谷東急フードショーにて限定販売されます。

https://www.tokyu-dept.co.jp/shibuya_foodshow/index.html

■あふの環プロジェクトメンバー展示

あふの環プロジェクトに参画する全国の企業や団体の様々な取組をスライドショーで紹介します。

3.トークショー動画

料理愛好家の平野レミさん、料理家の和田明日香さんが出演し、旬の野菜や持続性を意識した食材の見分け方、購入の方法、また御家族で実践できる食育アイデアなどについてお話をいただく動画を農林水産省公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/maffchannel)にて公開予定です。

4.企業ワークショップ

「サステナビリティは企業変革のチャンス(仮)」と題して、企業の若手社員を中心に日本企業が解決するべき課題と、企業が仕掛ける持続可能な生産消費の好循環に向けたアクションについてワークショップを行います。

詳細は後日、「あふの環プロジェクト」ホームページにてお知らせします。

5.あふの環プロジェクトとは

「あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)2030年までの達成を目指し、持続可能な生産・消費を広めるための活動を推進するプロジェクトです(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。

「スペンドシフト~サステナブルを日常に、エシカルを当たり前に!~」を合言葉に、生産から消費までのステークホルダーの連携を促進し、今の世代だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創ることを目指します。

サステナウィークのほか、勉強会や交流会、サステナアワードなどを実施するとともに、個々のメンバーの取組について国内外への発信等を行っていきます。

あふの環プロジェクトには、130社・団体が参画しています(9月現在)。サステナウィーク期間中のあふの環プロジェクトメンバーの取組は、「サステナウィーク2021」ホームページをご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sw2021_map.html

詳細は「あふの環プロジェクト」ホームページをご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

<問合せ先>

農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課

担当者:古田、阿部、川村、与那覇

電話:03-3502-8111(内線 3292

ダイヤルイン:03-3502-8056

消費者庁消費者教育推進課

担当者:米山、栗田

電話:03-3507-8800(内線 2578

ダイヤルイン:03-3507-9149

環境省大臣官房環境経済課

担当者:安田

電話:03-3581-3351(内線 6276

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8230
  • 課長波戸本尚(内線 6260)
  • 課長補佐安田將人(内線 6276)
ページ先頭へ