報道発表資料

令和3年9月7日
自然環境
この記事を印刷

第40回温泉関係功労者表彰について

 環境省では、温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し、特に顕著な功績のあった者(団体含む。以下同じ。)6名及び2団体(別紙参照)を温泉関係功労者として表彰します。

1.趣旨

 温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し、特に顕著な功績のあった者に対して、その功績をたたえるために、昭和57年度から環境大臣表彰を行っているもので、今回は第40回目となります。

2.対象者

(1)多年にわたり温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防

  止及び温泉の適正利用に関し普及啓発活動を行い、顕著な功績があった者

(2)温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関する

  学術研究に従事し、又は研究開発を行い、顕著な功績があった者

(3)温泉の持続可能な利用を通じて、温泉地の活性化に向けた活動に顕著な功績があった者

(4)温泉行政の推進に顕著な功績があった者

 <表彰者一覧>

 (別紙)第40回温泉関係功労者表彰者一覧のとおり

  なお、表彰については、令和3年10月8日(金)に開催予定の「第6回全国温泉地サミット及び第3回

 チーム新・湯治全国大会」において実施予定です。詳細については別途お知らせします。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8280
  • 室長北橋  義明(内線 6427)
  • 室長補佐太田 一弘(内線 6459)
  • 担当堀田 彩乃(内線 6458)
  • 担当竹村 翼(内線 6451)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ