報道発表資料

令和3年8月30日
総合政策
この記事を印刷

令和3年度教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修の開催について~SDGs達成に向けた教育推進リーダー育成のための環境教育・ESD実践講座~

環境省では、文部科学省の協力の下、持続可能な社会の構築を目指して、学校や地域で環境教育・学習を実践・推進するリーダーたる人材を育成することを目的に、本研修を開催します。

1.研修の趣旨

 環境教育は、「持続可能な社会の構築」を目指して、学校、地域、家庭等のあらゆる場において行われるものです。

 私たちは、環境・経済・社会に関わる複合的な危機や様々な課題に直面しており、環境教育において、持続可能な社会の構築に向けた多様な視点からの取組が求められています。国内外での潮流や、複雑化する環境・経済・社会の課題の統合的な解決に向けて、環境教育の取組においても、これまで以上にESD(持続可能な開発のための教育)の実践を通して、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向かう意欲と実践力・行動力を育成していく必要があります。

 学校においては、新学習指導要領に基づき、持続可能な社会の創り手となることが期待される子供に、生きる力を育むに当たって、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の実現に向けた授業改善を図り、自然環境や資源の有限性等の中で持続可能な社会をつくる等の資質・能力を教科等横断的な視点で育成するとともに、それらを通して、教育課程に基づき組織的かつ計画的に各学校の教育活動の質の向上を図ること(カリキュラム・マネジメント)が求められています。

 地域においては、環境教育等促進法の基本方針で、持続可能な社会づくりに主体的に参加する意欲を育むための「体験活動」を取り入れた環境教育プログラムが重要視されています。こうした「体験活動」の意義を踏まえて、地域や民間企業の「体験の機会の場」を「地域や国を越えた交流の拠点」と位置付け、「地域循環共生圏」の創造に寄与していきます。体験活動は、学校教育だけでなく、企業等の社員教育や、地域住民への普及啓発等にも有効です。

 本研修は、これらを踏まえ、持続可能な社会の構築を目指し、さらにSDGsという世界共有の未来の価値を相互に磨き合う協働・共創を通して、学校や地域における質の高い環境教育・ESDを実践・推進するリーダーとなる人材を育成していくことを目的に開催します。

2.研修の内容

 本研修では、学校におけるカリキュラム・マネジメント等の実践力向上を目指すカリキュラム・デザイン・コースと、環境教育における体験活動の実践力向上を目指すプログラム・デザイン・コースを実施します。

①.カリキュラム・デザイン・コース

 学校や地域において、教科横断型で地域共生の視点を取り入れた環境教育・ESDを実践・推進していくリーダー人材を育成することを目的とします。

 本年度は、集合型研修①・②と講師派遣型研修の2形態で実施します。

集合型研修①(オンライン開催)   

 環境教育・ESDのカリキュラムをデザインする力を養うことができるよう、講義とグループワーク(各教科等と関連させた環境教育・ESDの指導計画表〔ESDカレンダー〕を作成するための演習)で構成します。研修はオンライン会議システム「Zoom」を使用して実施します。

 ※講義のみの参加も可能です。

 ※講義はZoomウェビナー、グループワークはZoomミーティングで行います。

 ※グループワークでは、Googleスライド/スプレッドシートを使用します。

 ※オンライン会議システム受講用URLは、お申込み後にお知らせいたします。

【対象】

 学校関係者(小・中・高校等の教職員)、教育委員会、地方公共団体など

【日程】

 ●第1回 令和3年9月23日(木・祝)

        講   義   10:00~12:00(定員100名程度)

       グループワーク  13:00~17:00(定員40名程度)

 ●第2回 令和4年1月23日(日)

        講   義   10:00~12:00(定員100名程度)

       グループワーク  13:00~17:00(定員40名程度)

集合型研修②(対面式)

 対面式でのグループワーク研修(各教科等と関連させた環境教育・ESDの指導計画表〔ESDカレンダー〕を作成するための演習)を実施します。

【対象】

 学校関係者(小・中・高校等の教職員)、教育委員会、地方公共団体など

【日程】

 令和3年11月23日(火・祝) 13:00~17:30(定員100名程度)

【場所】

 TKP大宮駅西口カンファレンスセンター

 (https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-omiya-nishiguchi/access/

 ※参加に当たり、研修開催日までにYouTube動画視聴による事前学習(約2時間)を行っていただきます。

 ※新型コロナウイルスの感染状況によっては、延期または中止となる場合があります。

講師派遣型研修(計12ヶ所・先着順・実施期間8月~2月)

 学校、教育委員会、地方公共団体等からの希望を受け、講師を派遣して集合型研修と同様の研修会を実施します。ホールスクール・アプローチの向上にお役立てください。

【対象】

 学校、教育委員会、地方公共団体など、全国12ヶ所

【日程・内容】

 派遣先の御希望に応じて柔軟に対応します。メール【esd-kenshyu@jeef.or.jp】で御相談ください。

【講師派遣型研修参加の申込みについての注意点】

 ・研修参加者が20名程度(以上)確保できること。

 ・研修時間を3~6時間程度確保できること。

 ・研修会場(教室等)の確保及び新型コロナウイルス対策を講じられること。

  ※研修終了後、本研修の受講をどのように活用しているかを問う「フォローアップアンケート」を実施させ    

   ていただきます。

  ※講師派遣、参加者への資料送付等に係る、研修参加側の費用負担はございません。

【本研修の活用例】

 ・学校全体での取組を推進するための学校での研修会や勉強会

 ・地域単位で環境教育やESDを推進するための教育委員会等主催の研修会や複数の学校同士に

  よる合同研修会

 ・地域が連携した環境教育・ESDを推進するための教職員、行政職員、地域の環境教育関係者等

  を対象とした地方公共団体や教育委員会主催の研修会

カリキュラム・デザイン・コースの担当講師(50音順)

 石田 好広 氏(目白大学 教授)

 岡本 弥彦 氏(岡山理科大学 教授)

 小澤 紀美子 氏(東京学芸大学 名誉教授)

 關口 寿也 氏(東京都多摩市立連光寺小学校 校長)

 棚橋 乾 氏(全国小中学校環境教育研究会 顧問)

 松井 孝夫 氏(日本自然保護協会 自然観察指導員養成事業アシスタント)

講師派遣型研修の様子1 講師派遣型研修の様子2

                  (講師派遣型研修の様子)

②.プログラム・デザイン・コース  

 環境教育等促進法に基づき、体験型環境教育の質の向上や専門的な人材育成を目的に設立した「体験の機会の場」研究機構(https://esd-place.org/)と連携して行います。持続可能な社会を構築するための取組と環境教育・ESDとの関係を、五感を使って体験し、多様な主体と共感を分かち合いながら、体験活動を企画・実践するための視点や双方向型のコミュニケーションについて学びます。

 また、本年度は「体験の機会の場」に加え、国立公園・国定公園における研修を実施します。

【対象】

 NPO/NGO、民間企業、行政関係者、学校教職員、大学生・大学院生等の環境教育や体験活動、地域づくりに 

 関心のある方

【日程・内容】

 実施の内容等は以下のとおりです。

 各研修の正式な日時および詳細等はWEBサイトにて随時更新していきます。

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、延期または中止となる場合があります。

「体験の機会の場」で実施する研修

①.「体験の機会の場」森の墓苑

【日程】令和3年10月28日(木)

【場所】公益財団法人日本生態系協会(千葉県長生郡)

②.「体験の機会の場」株式会社相愛 

【日程】令和3年10月予定

【場所】株式会社相愛(高知県高知市)

③.「体験の機会の場」市田プラント・KAYAMAファーム

【日程】令和3年11月4日(木)

【場所】加山興業株式会社(愛知県豊川市)

④.「体験の機会の場」清泉寮新館及びキャンプ場を含むその周辺の森林

【日程】令和3年12月10日(金)

【場所】公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市)

⑤.「体験の機会の場」藤クリーン株式会社リサイクルセンター

【日程】令和4年1月28日(金)

【場所】藤クリーン株式会社(岡山県岡山市)

⑥.「体験の機会の場」雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス

【日程】令和4年2月予定

【場所】特定非営利活動法人雨煙別学校(北海道夕張郡)

国立公園・国定公園で実施する研修

「国立公園での環境教育活動」~尾瀬国立公園の保全とサステナブルツーリズム

【実施事業者・場所】東京パワーテクノロジー株式会社(群馬県片品村)

【日程】令和3年10月16日(土) 

「国定公園での環境教育活動」~南房総国定公園の保全と活用

【実施事業者】NPO法人千葉自然学校(千葉県南房総市)

【日程】令和3年12月26日(日)

 ※各回、近隣の主要な駅から送迎バスを用意する予定です。

プログラム・デザイン・コースの様子1 プログラム・デザイン・コースの様子2

              (プログラム・デザイン・コース研修の様子)

③.申込方法

【オンライン申込み】

 運営事務局のWebサイトにある「お申込みフォーム」に必要事項を御記入の上、送信してください(※講師派遣型研修のみ、メールで御相談ください。) 。

 https://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/

【申込期限】

 各研修開催日の2週間前まで

 ※先着順での受付とし、定員に達し次第、募集を締め切ります。

【研修受講前の準備について】

 カリキュラム・デザイン・コースの研修受講においては、事前に御記入いただきたい用紙(事前課題シート)

 がございます。詳細については、お申込み後に送付する「研修のしおり」を御参照ください。

【その他】

 ●受講料は無料です。オンライン視聴における通信料金等は自己負担となります。

  また、研修会場や集合場所までの交通費や食費、宿泊費等も自己負担となります。

 ●参加者には後日、本研修のフォローアップのため、本研修で得た学びをどのように活用されたか等について

  お聞きいたします(実践事例などがあれば、本研修Webサイト、環境省Webサイト、各種研修等を通じ

  て、取組紹介をさせていただく場合があります。)。

【研修に関してのお問合せ】

 研修運営事務局:公益社団法人日本環境教育フォーラム内(担当:清水)

 URL: https://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/

 MAIL:esd-kenshyu@jeef.or.jp

 TEL:03-5834-2897 FAX:03-5834-2898

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室長杉井 威夫(内線 6240)
  • 室長補佐高橋 知哉(内線 6272)
  • 担当河地 謙典(内線 6267)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ