報道発表資料

令和3年8月3日
再生循環
この記事を印刷

令和3年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」対象事業の選定結果について

 令和3年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」において、循環産業の海外展開に関する実現可能性調査等を実施する事業の公募を行った結果、対象事業として5件を選定しましたのでお知らせします。
 なお、選定に伴い予算の上限に達したので、募集は終了します。

 環境省では、我が国自治体や関係機関と連携しつつ、廃棄物処理やリサイクル施設等、我が国の優れた循環産業の海外展開を積極的に促進しています。 

 この一環として、廃棄物処理・リサイクル分野における海外展開を計画する事業について実現可能性調査等を実施するため、令和3年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」の公募を行いました。

 公募の結果、6月15日(火)までに8件の応募があり、「令和3年度我が国の循環産業の海外展開事業化促進業務の対象事業選定・統括等業務」の請負者である公益財団法人廃棄物・3R研究財団が設置する有識者からなる審査会による厳正な審査を行った結果、対象案件として5件が採択されましたのでお知らせします。

 採択された案件の詳細については、公益財団法人廃棄物・3R研究財団のウェブサイトを御確認ください。

ウェブサイト:https://www.jwrf.or.jp/individual/prj_000431.html?20210604170817

 なお、公募期間は、令和3年11月30日(火)まででしたが、採択案件が予算の上限に達したことから、募集は終了します。

令和3年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」採択事業

 

申請者

対象国

事業名

1

株式会社愛亀

カンボジア王国

アスファルト(AC) 及びコンクリート塊からの再生骨材・再生路盤材と廃プラによる高機能改質 AC 製造事業

2

株式会社エコシステム
株式会社オリエンタルコンサルタンツ

ベトナム社会主義共和国

建設廃棄物によるリサイクル骨材及び機能性舗装事業の展開可能性調査

3

JFEエンジニアリング株式会社

インドネシア共和国

スマトラ島における有害廃棄物の適正処理事業

4

太平洋セメント株式会社

インドネシア共和国

セメントキルンを活用した廃棄物の原燃料化事業

5

株式会社トッププランニングJAPAN

カンボジア王国

カシューナッツ産業を基盤とした地域資源循環ビジネス構築検討事業

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8336
  • 課長奥山 祐矢(内線 6811)
  • 企画官伊藤 貴輝(内線 6814)
  • 専門官前島 幸司(内線 6807)
  • 担当齊藤 雅裕(内線 7880)
ページ先頭へ