報道発表資料

令和3年7月20日
自然環境
この記事を印刷

第5回外来生物対策のあり方検討会の開催について

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)は平成17年に成立し、平成25年に改正法が成立(平成26年施行)しています。
 改正法施行後5年を経過したことから、改正外来生物法附則第5条に基づき、令和2年2月から10月にかけ「外来生物法施行状況評価検討会」において法施行状況の点検・評価、課題整理を行いました。当該検討会の結果を基に、今後の外来生物対策のあり方に関する検討を行うための検討会(「外来生物対策のあり方検討会」)を令和3年1月に設置しており、第5回検討会を令和3年8月3日(火)に下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。
 なお、本検討会は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、感染拡大の防止の観点からWEBを活用した形式での開催を予定しております。

1.日時

 令和3年8月3日(火) 14:00 ~ 16:00

2.議題(予定)

(1)外来生物対策の今後のあり方に関する提言(案)について

(2)その他

3.傍聴

(1)上記会議はウェブ会議システムにより公開で行われます。

傍聴を希望される方は、7月26日(月)17時必着で、以下に従って申込先まで電子メールにてお申し込みください。

メール本文に記載いただいたメールアドレスに傍聴のためのURLをお送りします。

■ 傍聴申込先

■ 記載事項

  • 件名に「第5回外来生物対策のあり方検討会の傍聴希望」と明記。
  • 本文に、氏名(ふりがな)、連絡先の住所、所属(勤務先等)、電話番号、電子メールアドレス(携帯電話のメールアドレスは不可 。ただし、 Gmail アドレスはこの限りではありません。)を明記。

(2)本検討会の資料は、傍聴申込みのあった方には事前に電子データで送付します。

なお、会議終了後には以下の環境省ウェブサイトに掲載いたします。議事録については、後日、同ウェブサイト上に掲載いたします。

https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/data/sekou.html

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長大林 圭司
  • 室長補佐水崎 進介
  • 担当前田 尚大(内線 6688)
ページ先頭へ