報道発表資料

令和3年6月3日
地球環境
この記事を印刷

令和3年度革新的な省CO2型感染症対策技術等の実用化加速のための実証事業の一次公募開始について

この度、「令和3年度革新的な省CO2型感染症対策技術等の実用化加速のための実証事業」新規課題の一次公募を開始することとなりましたので、お知らせします。

1.予算事業全体の概要

環境省は、「ポスト/With コロナ」社会に機動的に対応するため、様々なユースケースの展開に向けて、我が国の革新的技術に基づく技術実証等に取組、安全・安心な衛生環境創出等の新しいライフスタイルに資するCO2削減技術等の検証・実装加速化を行います。さらに、デジタル技術を活用したグリーンソリューションの創発支援等の補助事業を同時に組合せ、新しいライフスタイルのグリーン化を目指します。

上記の実現のため、民間の自主的な取組だけでは十分に進まない技術の開発・実証について、民間企業、公的研究機関、大学等からの提案を募集します。

2.公募実施期間

  令和3年6月3日(木) ~ 同年6月23日(水)17時

3.対象等

対象:民間企業、大学等

内容:委託及び補助(補助率1/2)

4.今回の募集の対象枠及び分野

・ 「深紫外線LEDの高度化に向けた技術開発・実証事業」枠

【テーマ(ⅰ)】

「長寿命型深紫外線LEDの開発・実証 」

本テーマにおいては、ライフサイクルでのCO2削減や省資源の観点、想定されるユースケースの特性を踏まえて、長寿命性を重視したLEDを公募します。本テーマにおける必須要件と、評価時において望ましいスペック(推奨要件)は公募要領に示すものとし、必須要件については必ず満たして提案いただき、推奨要件については審査段階において加点要素として取り扱うこととします。詳細については、本公募要領を御参照ください(必須要件を満たさないものはその他の項目を満たしていても採択されませんので御留意ください。)。

【テーマ(ⅱ)】

  「高出力型深紫外線LEDの開発・実証」

     

本テーマにおいては、現在、衛生環境の高度化が必要とされており、瞬時の清浄化を可能とする高出力性を重視したLEDを公募します。本テーマにおける必須要件と、その他評価時において望ましいスペック(推奨要件)は公募要領に示すものとし、必須要件については必ず満たして提案いただき、推奨要件については審査段階において加点要素として取り扱うこととします。詳細については、本公募要領を御参照ください(必須要件を満たさないものはその他の項目を満たしていても採択されませんので御留意ください。)。

5.応募方法

本事業は、府省共通研究開発管理システム「e-Rad」により公募受付いたします。応募に当たっては、e-Radへの登録が必要となりますので、下記のURLから御確認ください。本システム自体への御質問は、「e-Rad」に設置されているe-Radヘルプデスクへお問い合わせください。

「令和3年度革新的な省CO2型感染症対策技術等の実用化加速のための実証事業の一次公募について」

http://www.env.go.jp/guide/kobo.html

府省共通研究開発管理システム「e-Rad」

https://www.e-rad.go.jp/

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長加藤 聖(内線 6771)
  • 室長補佐安陪 達哉(内線 7398)
  • 主任島本 忠拡(内線 7777)
ページ先頭へ