報道発表資料

令和3年5月21日
自然環境
この記事を印刷

ペットを車内に残さないで!~ペットの熱中症に関する注意喚起チラシの作成について~

ペットも熱中症にかかることがあるということを御存知ですか?環境省では、自動車内に残すことによるペットの熱中症の危険性について、広く一般の皆様に知っていただくための普及啓発チラシを作成しました。環境省のホームページ上からダウンロードして自由に御利用いただけます。

1.概要

環境省では、暑い日にペットを自動車内に残すことによる熱中症の危険性について、国民の皆様に広く注意喚起することを目的としたチラシを作成しました。普及啓発資料として、ぜひ御活用ください。
気温が上昇するこれからの季節、冷房の効いていない自動車内はわずかな時間であっても非常に高温になり、大変危険です。犬や猫などの動物は密な毛に覆われており、体温調節が苦手で暑さに弱いことから、特に気温の高い日にはペットを自動車内に残さないよう注意が必要です。
「買い物中にエアコンを切って自動車内にペットを置き去りにしてしまった」、「自動車内のペットが誤ってキーロックしてしまった」などにより、ペットが熱中症にならないように十分配慮しましょう。

2.チラシの入手方法

電子媒体(PDF版)を下記URLに一般公開しています。

○ 動物の愛護と適切な管理

URL:https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/chirashi01.pdf 

○ 環境省熱中症予防情報サイト

URL:https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_pr.php 

(参考)
○ 熱中症警戒アラート

URL:https://www.wbgt.env.go.jp/alert.php

添付資料 ペットを車内に残さないで!(ペットの熱中症に関する注意喚起チラシ)

添付資料

連絡先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長長田 啓(内線 6651)
  • 室長補佐田口 本光(内線 6654)
  • 専門官坂本 万純(内線 7411)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ