報道発表資料

令和3年5月31日
地球環境
この記事を印刷

アジア太平洋気候ウィーク2021のテーマ別セッションに関する関心表明の募集について

今年日本がホストするアジア太平洋気候ウィーク2021(APCW2021)において、主催者である国連気候変動枠組条約事務局が、オンラインで7月に開催するテーマ別セッションに関し、セッションのサポート団体やサイドイベントの開催等について、広く一般から関心表明を受付けます。

※6月3日(木)更新 締切延長

1.趣旨

 地域気候ウィークは、国、地方自治体、地域、都市、先住民コミュニティ、民間及び市民社会が気候変動対策に関与するためのプラットフォームを提供することを目的とし、アジア太平洋、ラテンアメリカ・カリブ海、アフリカ及び中東・北アフリカの4地域で開催されます。また、各地域における気候変動対策の動向を把握し、課題と機会を探り、野心的な解決策の共有を行うことで、今年11月に英国・グラスゴーで行われる予定のCOP26の成功に貢献することを目的としています。

2.関心表明の募集内容

● 7月にオンラインで開催されるテーマ別セッションについて、以下の関心表明を募集します。なお、全ての関心表明は、3.で後述するテーマに沿ったものである必要があります。

   1)サポート団体(3つのテーマ別トラックについて、具体的なインプットなどを行う)

   2)サイドイベント(期間中、テーマ別トラックとは別にイベントを開催(各1~2時間))

   3)アクション・ハブ(事前録画した映像の提供(最大30分))

● 締切:上記1)~3)のいずれも、6月6日(日)中(中央ヨーロッパ時間)※締切を延長しました。

   オンライン申請フォームや注意事項など詳細は下記ページから御覧ください。

   https://unfccc.int/climate-action/regional-climate-weeks/expression-of-interest-apcw-2021

3.開催概要

● 主催:国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局、世界銀行、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)

● 地域パートナー(アジア太平洋):国連アジア太平洋経済社会委員会 (ESCAP)、アジア開発銀行 (ADB)、(公財)地球環境戦略研究機関 (IGES)

● 会期等:

   1)ラウンドテーブル: 令和3年3月3日(水)~4日(木)【終了】

   2)テーマ別セッション: 令和3年7月6日(火)~9日(金)【今回の募集対象】

    ※視聴はどなたでも可能です。参加方法など詳細は後日お知らせします。

   3)閣僚級会合: 令和3年9月6日(月)~7日(火)

● テーマ:

    今年の地域気候ウィークは、次の3つのテーマに焦点を当てています。

   1)国の行動と経済全体のアプローチ(担当:世界銀行)

   2)気候変動にレジリエント(強靱)な開発のための統合的アプローチ(担当:UNDP)

   3)変革の機会を捕らえる(担当:UNEP)

4.関連情報

アジア太平洋気候ウィーク(APCW): https://www.env.go.jp/earth/apcw/index.html

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 課長大井 通博(内線 6760)

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8246
  • 国際企画官小圷 一久(内線 7771)
  • 担当宇賀まい子(内線 6796)
ページ先頭へ