報道発表資料

令和3年5月7日
自然環境
この記事を印刷

令和3年度野生生物保護功労者表彰について

令和3年5月7日(金)

 環境省では、野生生物保護に関し特に顕著な功績のあった個人、学校及び団体に対し、その功績をたたえるために、環境大臣賞及び環境省自然環境局長賞を授与することになりましたので、お知らせします。

<概 要>

 都道府県等により推薦された者につき、環境省、文科省、林野庁、日本鳥類保護連盟担当者ほか専門家5名から成る野生生物保護功労者表彰審査会の審査を経て各賞の受賞者を内定し、環境省においては環境大臣賞6件及び環境省自然環境局長賞6件を決定したので表彰するものです。

<令和3年度の表彰数及び表彰者名> ※ 詳細は別紙のとおり

1.環境大臣賞(個人3件、団体3件、計6件)

  埼玉県 川辺 貴久(かわべ たかひさ)

  新潟県 高野 毅(たかの たけし)

  滋賀県 宇野 健治(うの けんじ)

  宮城県 フライング ギース プロジェクト

  東京都 小笠原海運株式会社

  岐阜県 株式会社 江ノ島マリンコーポレーション

      世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ

2.環境省自然環境局長賞(個人2件、学校2件、団体2件、計6件)

  静岡県 勝又 立雄(かつまた りつお)

  鳥取県 椿 壽幸(つばき としゆき)

  富山県 氷見市立十二町小学校

  福岡県 飯塚市立八木山小学校

  新潟県 日本野鳥の会新潟県

  沖縄県 宮古野鳥の会

 

 例年、みどりの月間(愛鳥週間)に(公財)日本鳥類保護連盟と共催し東京都内で全国野鳥保護のつどい記念式典を開催して表彰を行っておりますが、本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により集合形式での式典を中止とし、事前収録した映像で構成するオンライン形式の式典を5月16日に公開します。

 式典の詳細については、5月16日以降7月31日まで日本鳥類保護連盟ウェブサイト( https://www.jspb.org/ )に掲載予定です。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課

  • 代表03-3581-3351
  • 課長中尾 文子(内線 6460)
  • 課長補佐安西 正浩(内線 6461)
  • 係長小野田 佑里絵(内線 6467)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ