報道発表資料

令和3年3月29日
自然環境
この記事を印刷

人とペットの災害対策ガイドライン「災害への備えチェックリスト」の作成・配布と公表について

環境省は、災害時に飼い主がペットを連れて避難する「同行避難」の受入れの円滑化等を目的に、市区町村等が災害の事前準備や発災時の対応において実施すべき事項を確認できるチェックリストを作成しました。このチェックリストは、平成29年度からの3か年に全国の8ブロックで実施した、広域支援・受援体制整備に係るモデル図上訓練で得られた知見と、近年の災害対応等で得られた教訓を反映して作成しました。本日、地方自治体及び関係団体等に配布するとともに、動物愛護管理室のホームページに掲載しますので、御活用ください。

1.「人とペットの災害対策ガイドライン 災害への備えチェックリスト」の概要

災害時のペットに関する対応においては、ペットの飼い主が自己の責任の下で行う同行避難とともに、指定避難所等で受入準備や運営管理を行う市区町村等の自治体が果たす役割は極めて重要です。災害時の指定避難所等の運営管理は自治体の危機管理部局等が主導して行われますが、ペットに関する対応については動物愛護管理部局の知見の活用が重要になります。しかしこれまでの災害対応では、両部局等の連携や情報共有が不十分で、混乱を招いた例が見られました。このことは全国の8ブロックで実施した広域支援・受援体制整備に係るモデル図上訓練でも指摘され、災害対応には、自治体間の広域連携やオール自治体での対応が必要であることが確認されました。本チェックリストは、自治体の危機管理部局と動物愛護管理部局の双方が利用できるものとして作成し、災害時に特に重要となる、指定緊急避難場所や指定避難所の事前準備や設置等に係るチェックポイント、ペットとの同行避難者への対応で重点的に取り組むべき事項、さらに災害時(地震を想定)に自治体が実施すべき事項として内閣府が挙げた17項目に、ペットに関連した事項等を組み込むことで、災害時の動物救護活動が地域防災計画の一部として理解され、機能しやすいように作成しました。自治体の危機管理部局等と動物愛護管理部局の情報交換が更に進展し、災害対応における協力体制が強化されることで、災害対応が効果的に進められることを期待しております。

2.「災害への備えチェックリスト」の目次

はじめに -この冊子の使い方-

1.ペット同行避難の受入れ

(1)ペット同行避難の受入れチェックリスト

(2)チェックリストの解説

2.避難所等におけるペット連れ被災者への対応

(1)避難所等におけるペット連れ被災者への対応チェックリスト

(2)チェックリストの解説

3.災害時の動物救護活動の計画的な実施

(1)市区町村における災害対応確認項目

(2)動物飼養避難者のための対応準備チェックリスト【平時の備え】

(3)動物飼養避難者の救護活動チェックリスト【災害発生後の活動】

(4)「人とペットの災害対策ガイドライン」に基づく解説

4.広域支援・受援体制整備に係るモデル図上訓練の実施状況

(1)モデル図上訓練の実施状況

(2)モデル図上訓練から見えた課題

事例紹介

常設の動物救護施設の事例

5.チェックリストのまとめ

人とペットの災害対策に関する環境省出版物

人とペットの災害対策ガイドライン「災害への備えチェックリスト」は

下記のホームページに掲載しております。

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0303b.html

連絡先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長長田 啓(内線 6651)
  • 室長補佐田口 本光(内線 6654)
  • 担当友野 雄己(内線 7412)
ページ先頭へ