報道発表資料

令和3年3月26日
自然環境
この記事を印刷

58カ所目となる国定公園「厚岸霧多布昆布森国定公園」が誕生します

令和3年3月30日(火)、国内で58カ所目の国定公園として、「厚岸霧多布昆布森国定公園」が新たに指定されます。

 令和3年2月4日付けで中央環境審議会より答申を受けた「厚岸霧多布昆布森国定公園の新規指定について」は、以下のとおり官報に告示されることとなりました。

 今回の告示により、霧多布湿原及び別寒辺牛湿原一帯、厚岸湖や火散布沼などの海跡湖、昆布森から尻羽岬及び愛冠岬から琵琶瀬に至る海岸線や大黒島、嶮暮帰島などの海食崖やその周辺海域等が新たに国定公園に指定されることになります。国定公園の指定は令和2年3月の中央アルプス国定公園(長野県)に続き、58カ所目となります。

 本国定公園は、北海道東部の太平洋側に位置し、雄大で荒々しい海食崖が連続した岩石海岸、国内有数の規模を誇る湿地及びそこに成立する希少な水鳥繁殖地や湿原植生等の生態系と、人と自然との共生により育まれてきた文化景観とが一体となってつくり出す景観が広がっています。

 北海道におでかけの際には、ぜひ、厚岸霧多布昆布森国定公園にも足を運んでみください。

■告示内容

○厚岸霧多布昆布森国定公園の指定について      告示日 令和3年3月30日

○厚岸霧多布昆布森国定公園の公園計画の決定について 告示日 令和3年3月30日

■掲載資料

○厚岸霧多布昆布森国定公園の指定及び公園計画決定の概要

○厚岸霧多布昆布森国定公園 指定書及び公園計画書

※掲載資料については、http://www.env.go.jp/council/12nature/42_3.htmlを参照してください。

<関連情報>

過去の報道発表資料:厚岸霧多布昆布森国定公園の指定等に係る中央環境審議会の答申についてhttps://www.env.go.jp/press/109074.html

連絡先

環境省自然環境局国立公園課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8279
  • 課長熊倉基之(内線 6440)
  • 課長補佐中山直樹(内線 6650)
  • 係長安藤祐樹(内線 6694)
ページ先頭へ