報道発表資料

令和3年3月23日
水・土壌
この記事を印刷

水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しについて(第2次報告案)に関する意見の募集(パブリックコメント)について

 水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しについて(第2次報告案)について、広く国民の皆様の御意見をお聴きするため、令和3年3月23日(火)から同年4月21日(水)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を実施します。

1.背景

 環境基本法(平成5年法律第91号)に基づく水質汚濁に係る環境基準のうち、公共用水域の水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準については、現在のところ、13項目が定められています。

 平成25年8月30日に、環境大臣が中央環境審議会に対して諮問した「水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しについて」を受けて、生活環境の保全に関する環境基準の見直し等に係る検討を随時行ってきましたが、今般、令和3年2月4日に開催した中央環境審議会水環境部会生活環境項目環境基準専門委員会において、大腸菌群数について新たな衛生微生物指標である大腸菌数へ見直すことについて審議を行い、その報告案が取りまとまりました。

2.意見募集対象

「水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しについて(第2次報告案)」

3.意見提出

募集期間:令和3年3月23日(火)から同年4月21日(水)

提出方法:意見募集要領を参照ください。

4.問合せ先

環境省水・大気環境局水環境課 担当 斎藤、小林
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5521-8314
電子メール SECTION_WEQS@env.go.jp

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8314
  • 課長筒井 誠二(内線 6613)
  • 課長補佐斎藤 美紀子(内線 6620)
  • 係長小林 峻大(内線 6625)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ