報道発表資料

令和3年3月15日
水・土壌
この記事を印刷

中央環境審議会水環境・土壌農薬部会底層溶存酸素量類型指定専門委員会(第1回)の開催について

 令和3年3月23日(火)に「中央環境審議会水環境・土壌農薬部会底層溶存酸素量類型指定専門委員会(第1回)」を開催いたします。本専門委員会では、水質汚濁に係る環境基準のうち、生活環境の保全に関する環境基準の底層溶存酸素量の類型指定について審議を行います。なお、本専門委員会は新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感染拡大の防止の観点から、傍聴者なしのWEB会議による開催を予定しております。

1.日時

令和3年3月23日(火)13:30~16:30(WEB会議)

2.議題 (予定)

  (1) 底層溶存酸素量に関する環境基準の類型指定に係る報告案について

(東京湾及び琵琶湖に係る類型指定案)

  (2) その他

3.公開に関する取扱い

(1)
本会議はYouTubeでライブ配信を行う予定です。準備が整い次第、ライブ配信を行うYouTubeチャンネルのURLを掲載いたします。傍聴希望の方は、環境省ホームページ内(底層溶存酸素量類型指定専門委員会https://www.env.go.jp/council/49wat-doj/yoshi49-16.html)に掲載するURLから御覧いただきますようよろしくお願いします。
(2)
専門委員会資料は、会議当日に同ページに公表することを予定しております。また、議事録については、会議終了後できる限り速やかに同ページ内に掲載いたします。

 

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8314
  • 課長筒井 誠二(内線 6610)
  • 課長補佐斎藤 美紀子(内線 6620)
  • 専門官岡崎 公彦(内線 6626)
ページ先頭へ