報道発表資料

令和3年3月1日
自然環境
この記事を印刷

外来種問題と企業活動の関わりを考えるウェビナーの開催について

 特定外来生物のヒアリを含む外来種の問題は、世界的にも生物多様性の大きな損失要因の一つとして認識され、中でも国際的な物流の増加に伴う非意図的侵入への対策は今年開催される生物多様性条約第15回締約国会議(CBDCOP15)でも重要な議題の一つとなっています。国際的かつ極めて経済・社会活動との関わりの深いこの問題は、今後ますます企業活動においても無視できないものになっていくと考えられます。
 環境省では、企業の方々に「問題を知っていただき」「関わりを考えていただく」ことを目的としたウェビナーを令和3年3月24日(水)に下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。

1.開催概要

  • 名称:外来種対策と企業活動の関わりを考えるウェビナー

『悪意なき侵略者とのつきあい方~ヒアリからポスト2020へ~』

  • 日時:令和3年3月24日(水)14:00~16:30
  • 会場:WEB開催(WebEX)
  • 定員:70名(事前登録制)
  • 参加費:無料
  • 主催:環境省

2.プログラム(予定)

  • 挨拶、趣旨説明

環境省

  • 講演「なぜ必要?生物多様性保全と外来種対策」

五箇公一 国立環境研究所生物・生態系環境研究センター

生態リスク評価・対策研究室室長

  • 講演「日本の経済活動を脅かすヒアリ‐高まる定着の危機と対策」

橋本佳明 兵庫県立大学准教授/兵庫県立人と自然の博物館主任研究員

  • 取組紹介

株式会社島津製作所 

  • 質疑・意見交換

3.参加申込み

下記のとおり【3月22日(月)17時必着】でメールにてお申し込みください。

  • 申込先

  一般財団法人日本環境衛生センター 担当:皆川 電子メール:hiari@jesc.or.jp 

  • 記載事項

 件名:「意見交換会参加申込み」

 本文:①参加される方の氏名 ②所属機関 ③部署名 ④メールアドレス ⑤連絡先電話番号

詳細については別添の開催案内を御覧ください。

  

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長北橋 義明
  • 室長補佐水﨑 進介
  • 担当深谷 雪雄(内線 7478)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ