報道発表資料

令和3年3月2日
再生循環
この記事を印刷

循環経済パートナーシップを立ち上げました

 環境省は本日、経済産業省及び(一社)日本経済団体連合会(以下「経団連」という。)とともに、「循環経済パートナーシップ」を立ち上げました。
 本パートナーシップは、令和3年1月20日に開かれた環境省と経団連の懇談会において立ち上げを合意したものであり、国内の企業を含めた幅広い関係者の循環経済への更なる理解醸成と取組の促進を目指して、官民連携を強化するためのものです。

背景

  「循環経済パートナーシップ」は、循環経済への流れが世界的に加速化する中で、国内の企業を含めた幅広い関係者の循環経済への更なる理解醸成と取組の促進を目指して、官民連携を強化することを目的としています。

 本パートバーシップは、令和3年1月20日の環境省と経団連の懇談会で立ち上げを合意したことを踏まえ、今般、関係省庁及び経団連によって創設されたものです。

 環境省は、本パートナーシップを通じて関係省庁及び経団連の連携を深め、2.に記載する取組の実施により、循環経済分野での日本企業の競争力向上に貢献していきます。

パートナーシップ概要

  • パートナーシップ構成員

   創設団体:環境省、経済産業省及び経団連

   参加企業・団体 :経団連の会員企業または団体、等

   事務局 :(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)

  • 具体的活動

    1. 日本の先進的な循環経済に関する取組事例収集と国内外への発信・共有

      • パートナーシップWebサイトの構築と事例等の情報発信

      • 取組事例集の作成

      • 一般向け広報イベント等での発信 等

    2. 循環経済に関する情報共有やネットワーク形成

      • 国内外の最新動向の発信

      • 年1回の定期会合 等

    3. 循環経済促進に向けた対話の場の設定

      ※ 今後の進捗はWEBサイトにて情報更新を行う予定です         http://www.env.go.jp/recycle/post_81.html 

問い合わせ先

・環境省 末尾に記載のとおり

・一般社団法人 日本経済団体連合会環境エネルギー本部 吉田・松永(03-6741-0581)

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8336
  • 課長中尾 豊(内線 6802)
  • 室長補佐伊藤 貴輝(内線 6814)
  • 室長補佐重松 賢行(内線 6807)
  • 担当安田 久美子(内線 6892)
  • 担当田邉 達毅(内線 6891)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ