報道発表資料

令和3年2月26日
再生循環
この記事を印刷

令和2年度補正予算(第3号)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素社会構築のための資源循環高度設備導入促進事業)の公募について

 環境省では、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制を図り、リサイクルの質の向上につながる資源循環高度化設備を導入する「脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業」を実施しています。今年度補正予算(第3号)では、当該事業に係る補助事業者(執行団体)に採択した公益財団法人廃棄物・3R研究財団において、公募を行うこととなりましたのでお知らせします。

1.事業の概要

 「脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業」は脱炭素社会構築のためのリサイクルの質の

向上につながる資源循環高度化設備を導入することによって、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエ

ネルギー起源二酸化炭素の排出抑制及び低炭素・脱炭素社会の実現に資するとともに、資源の有効利用及び

生活環境の保全に資することを目的としています。

 脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備の導入費用について、1/2を上限に補助します。

2.公募する補助対象事業

 公募する補助対象事業は、日本国内の事業所において設備を設置する以下の事業です。

○使用済製品等のリサイクルの促進及びリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制を

図り、これまでリサイクルできなかったものへの量的な拡大、もしくはより高品質な再生素材の供給を目指

すために、省CO2型の資源循環高度化設備を導入することで、製造された再生素材の国内資源循環が安定的

に見込める事業

3.公募実施期間

 令和3年2月26日(金)~3月26日(金) 17時必着

※本事業予算が令和3年度へ繰り越された場合、公募期間を延長する場合があります。

4.公募及び説明会の詳細

 公募内容の詳細については、公益財団法人廃棄物・3R研究財団ホームページhttps://www.jwrf.or.jp/subsidiary/save_co2/current/index.htmlを御参照ください。

5.問い合わせ先

 公益財団法人廃棄物・3R研究財団

〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階

TEL  :03-5638-7162 FAX 03-5638-7165

担当 :金井、佐藤、久松、井草

E-mail:r.koudoka-1@jwrf.or.jp

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5501-3153
  • 室長平尾 禎秀(内線 6831)
  • 室長補佐泉 知行(内線 7889)
  • 室長補佐畠中 太陽(内線 6822)
  • 担当倉石 真純(内線 7893)
ページ先頭へ