報道発表資料

令和3年1月26日
地球環境
この記事を印刷

「国際再生可能エネルギー機関(IRENA)第11回総会」の結果について

 1月18日(月)から21日(木)にかけて、アラブ首長国連邦のアブダビにおいて、「国際再生可能エネルギー機関(IRENA)第11回総会」がオンライン形式で開催され、我が国から鷲尾外務副大臣、江島経済産業副大臣、笹川環境副大臣らが出席しました。
 笹川副大臣は、1月19日(火)の閣僚級ラウンドテーブルにおいて、2050年カーボンニュートラル実現の鍵となる再生可能エネルギーの普及に向けた我が国の取組を発信しました。

概要

日時  令和3年1月18日(月)~1月21日(木)

場所  アラブ首長国連邦・アブダビ(オンライン形式)

参加者 IRENA加盟国、国際機関、民間企業等

概要   

 約160か国のIRENA加盟国、国際機関、民間企業等の代表が出席し、我が国政府代表として、鷲尾外務副大臣、江島経済産業副大臣、笹川環境副大臣らがビデオメッセージを通じて参加しました。 

 笹川副大臣は、19日の「エネルギー転換促進のための国家計画・実施」をテーマとする閣僚級ラウンドテーブルにおいて、ビデオメッセージを通じ、我が国の2050 年カーボンニュートラル実現の鍵となる再生可能エネルギーの普及に向けた取組を発信しました。

 総会では、新型コロナウイルス感染症からの持続可能な復興のためのエネルギー転換に関するハイレベルパネルやテーマ別の閣僚級ラウンドテーブルが開催されたほか、IRENA事務局長による年次報告や、IRENAの運営事項に関する議論が行われました。

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8243
  • 課長大井通博(内線 6760)
  • 課長補佐尼子直輝(内線 7760)
  • 担当笹山航(内線 6799)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ