報道発表資料

令和2年11月24日
地球環境
この記事を印刷

G20環境大臣会合の結果について

 令和2年9月16日(水)にオンラインで開催されたG20環境大臣会合について、会合の成果が、議長国サウジアラビアより公開されましたので以下のとおりお知らせします。

 会合では、サウジアラビアが議長を務め、①土地劣化と生息地の損失、②サンゴ礁保全・海洋ごみについてG20各国及び招聘国の環境大臣等による意見交換を行いました。我が国は前回議長国として、小泉環境大臣による開会挨拶(ビデオメッセージ)等を行いました。

1 会合の成果

(1)G20環境大臣会合コミュニケ(原文・仮約)(別紙1)

(2)土地劣化の減少及び陸域生息地の保全強化に関する世界イニシアティブのエグゼクティブサマリー

(原文・日本語版の概要)(別紙2)

(3)世界サンゴ礁研究開発促進プラットフォームのエグゼクティブサマリー(原文・日本語版の概要)

(別紙3)

がとりまとめられた。

原文は、以下ウェブサイト参照

https://g20.org/en/g20/Pages/documents.aspx

2 参考:会合の概要

(1)日 時

 令和2年9月16日(水)20:00~24:00 (オンライン開催)

(2)出席者等

 議長:サウジアラビア アル・ファドリ環境・農業大臣

 参加国:G20各国、及び招聘国7カ国の環境大臣、副大臣等

 (G20)

  日本、サウジアラビア、米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、

  英国、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、トルコ、南アフリカ、

  中国、韓国、インド、インドネシア、豪州、EU

 (招聘国)シンガポール、ベトナム、スイス、スペイン、ルワンダ、ヨルダン、UAE

日本からは、小泉環境大臣(ビデオメッセージ)、近藤地球環境審議官ほかが出席。

 小泉大臣のビデオメッセージは別紙4を参照

(3)議題

  ①土地劣化と生息地の損失

  ②サンゴ礁保全・海洋ごみ

(4)その他

・昨年、我が国が議長国を務め開催した、G20持続可能なエネルギーと地球環境に関する関係閣僚会合(エネルギー・環境大臣会合。令和元年6月、長野県軽井沢町)に続き、環境大臣単独の会合としては、G20史上初。

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-6760
  • 直通03-5521-8243
  • 課長大井 通博(内線 6762)
  • 課長補佐野本 卓也(内線 7782)
  • 係長大原 誠剛(内線 6722)
  • 係員近藤 孝太(内線 7722)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ