報道発表資料

令和2年10月19日
地球環境
この記事を印刷

シンポジウム「来る!水素社会-地域でつくり地域でつかう水素の可能性-」の開催について

令和2年11月11日(水)に、シンポジウム「来る!水素社会-地域でつくり地域でつかう水素の可能性-」をオンラインで開催します。本シンポジウムで、身近なエネルギーとしての可能性を秘めている水素について、有識者や自治体の方々と一緒に考えてみませんか?

1.シンポジウム概要

  • 水素を活用して、これら3つの社会につながる取組とは。
  • 水素社会の実現に向けて、地域の資源を活かして水素をつくり、はこんで、ためて、つかうといった低炭素の取組とは。
  • 実は身近に来ている水素社会とは。

 本シンポジウムでは、水素の普及に向けた有識者、自治体などによる最新の動向を発信いたします。現在水素に関わりのある方だけでなく、これから取り組もうとしている方の御参加も歓迎いたします。詳細は別添資料を御参照ください。

  • 日 時:令和2年11月11日(水) 13:30-15:30
  • 形 式:Youtubeライブ ※参加希望の皆様には、事前にURLをお送りします
  • 参加費:無料

2.参加方法

下記ホームページから申込みください。

URL: https://hydrogen-moe-form.info/

応募期限:令和2年11月11日(水)13時

3.問合せ先

デロイトトーマツコンサルティング合同会社

E-mail:low_carbon_h2@tohmatsu.co.jp

※お問合せの際はメールを御利用ください。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長加藤 聖(内線 6771)
  • 主査大谷直人(内線 7778)
  • 係長村上 慈(内線 7738)
  • 担当長谷川季男(内線 7759)
  • 担当坂木良太(内線 6781)
ページ先頭へ