報道発表資料

令和2年10月5日
自然環境
この記事を印刷

地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)に関する勉強会の開催について

令和2年9月15日(火)に生物多様性条約事務局より地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)が公表されました。今般、GBO5に関する勉強会を生物多様性条約事務局の参加を得て10月15日(木)に開催いたしますのでお知らせします。

1.日時 令和2年10月15日(木)9:00~10:30

2.主催 環境省

3.開催形式 オンライン(Cisco社のWebexを使用)

4.内容

  1)GBO5の概要説明(生物多様性条約事務局)

  2)質疑応答

   (※生物多様性条約事務局の参加は9:00~10:00を予定しています。)

   (※生物多様性条約事務局からの説明及び質疑応答には、逐次通訳がつきます。)

5.参加申込要領

  電子メールにて、以下の要領でお申込みください。参加用のURLを電子メールでお送りいたします。なお、システムへの過度な負担を避けるため、参加者の上限を75名程度とさせていただきます。

 <記載事項>

  件名:「GBO5勉強会 参加申込」

  本文:(1)氏名(ふりがな・ローマ字)、(2)勤務先又は所属団体(日英併記)、(3)電話番号、(4)電子メールアドレス、(5)報道関係者の方は、「報道関係者」と記載してください。

 <申込先>

  環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室

  電子メール:NBSAP@env.go.jp

 <申込期限>

  令和2年10月9日(金)17時

6.申込みに係る留意事項

 ・複数名の申込みの場合も、お一人ずつお申込みください。

 ・参加希望者が多数の場合は、先着順といたします。

 ・特に生物多様性条約事務局に対して、説明してほしい事項や質問があれば、申込の際にあわせて御記入ください(日本語で構いませんが、可能な範囲で英語も併記いただくようお願いします)。

 ・参加に当たっては、可能な範囲でGBO5を事前に御一読いただきますようお願いします。

<参考>

・地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)

 GBO5(Global Biodiversity Outlook5)は、これまでのGBO、各国から提出された国別報告書、IPBESアセスメント等の既存の生物多様性に関する研究成果やデータを分析し、生物多様性戦略計画2011-2020及び愛知目標の達成状況について分析した報告書。GBO5では、愛知目標の20の個別目標を60の要素に分解して評価し、うち7要素が達成、38要素が進展あり、13要素が進展なし・後退、2要素が不明と評価されました。ただし、すべての要素が達成・進展ありとなった個別目標はありませんでした。

・政策決定者向け要約(SPM)及び全文

 政策決定者向け要約(SPM)の仮訳は、別添「地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)政策決定者向け概要要約」を参照してください。

 GBO5の政策決定者向け要約(SPM)及び全文については以下のウェブページに掲載されています。

https://www.cbd.int/GBO5/(英語)

添付資料

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8275
  • 室長中澤圭一(内線 6480)
  • 室長補佐奥田青州(内線 6481)
  • 室長補佐山崎麻里(内線 6483)
  • 担当竹原真理(内線 6489)

関連情報

過去の報道発表資料

令和2年9月15日
地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)の公表について

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ