報道発表資料

令和2年9月28日
総合政策
この記事を印刷

「Morning Pitch」とのコラボレーションによる「環境特集」イベントを開催!

環境省は、イノベーションの創出に向け、新たな環境ビジネスに挑戦するスタートアップへの支援に取り組んでいます。その一環として、スタートアップと大企業等の事業提携を生み出すプラットフォーム「Morning Pitch(モーニングピッチ)」とコラボレーションし、令和2年10月8日(木)、「環境特集」と題したイベントをオンラインで開催します。

1.開催概要

 「Morning Pitch」は、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社及び野村證券株式会社の2社が主催し、毎週木曜朝7時から開催している、スタートアップと大企業等の事業提携を生み出すことを目的としたイベントです(http://morningpitch.com/)。2013年1月の開始以降、2020年8月時点で計339回、のべ1,600社超のスタートアップが登壇しています。

 この度、この「Morning Pitch」とコラボレーションにより、「環境特集」と題して、環境分野のスタートアップ5社が、大企業・ベンチャーキャピタル・メディアなど約300名に対してピッチを行うイベントを、次のとおり開催します。

2.日時:令和2年10月8日(木)7:00~9:00

3.実施方法:オンラインでの配信

4.プログラム:①オープニングムービー、流れの説明

        ②環境省による挨拶・プレゼン(5分)

         「イノベーションの創出に向けた環境スタートアップ支援パッケージ」について

        ③環境スタートアップによるピッチ(19 分/社<発表4 分、質疑15 分>)

5.発表者:・株式会社イノカ(東京都港区)

       生態系を活用したSDGsコンサルティング事業

      ・株式会社バイオーム(京都府京都市)

       生物多様性の保全を目指し、世界の生物分布をデジタル化する

       撮影するだけで生物の名前がわかるいきものコレクションアプリ「バイオーム」

      ・Zenmov株式会社(東京都港区)

       規律あるモビリティ・サービスでカオスな東南アジア諸国の交通課題を解決する

       スマートモビリティシステム「SMOC」

      ・マイクロバイオファクトリー株式会社(大阪府大阪市)

       石油資源に依存した化学品生産からの転換

       合成生物技術による再生可能な植物バイオマス資源を原料とした有用物質の生産

      ・株式会社FLOSFIA(京都府京都市)

       半導体エコロジー™を通じて新しい未来の実現に挑戦する

       電力変換損失を大幅に抑えることで、環境負荷軽減を実現する半導体「GaO®パワーデバイス」

6.参加対象:大企業(上場会社及びその子会社・法定監査を受けている会社)、ベンチャーキャピタル、金
融機関、メディア、官公庁/地方自治体(ただし、同業者、コンサルティング、証券会社、シンクタンク、ベンチャー企業、学生、営業目的の方、その他一般の方の参加はお断りしております。)

7.参加費:無料

8.参加申込み:問合せ先:デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社

        https://job.axol.jp/gs/c/morningpitch/mypage/login

       (なお、参加に当たってはメンバー登録が必要となります。)

 <Morning Pitch開催テーマ一覧>

  http://morningpitch.com/theme/

 <Morning Pitchとは>

  http://morningpitch.com/about/

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境研究技術室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8239
  • 室長曽宮 和夫(内線 6241)
  • 係長吉徳 祥哉(内線 6243)
  • 係員柳川 立樹(内線 6244)
ページ先頭へ