報道発表資料

令和2年7月3日
大臣官房
この記事を印刷

令和2年度環境保全功労者等表彰者が決定しました

環境省では、毎年6月の環境月間にあわせて、環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して、顕著な功績があった者(又は団体)に対し、その功績をたたえるため、環境大臣による表彰を行っています。
今年度は121件(36名、85団体)が受賞されました。

なお、表彰式については、今般の状況を踏まえ延期いたします。開催が決まり次第、公表します。

○ 環境大臣賞受賞者                121件(36名、85団体)

(詳細は別紙のとおり)

  内訳

・「環境保全功労者表彰」            7件(6名、1団体)

(環境保全の推進のため、多年にわたり、顕著な功績のあった者・団体)

・「地域環境保全功労者表彰」           54件(18名、36団体)

(地域環境保全の推進のため、多年にわたり、顕著な功績のあった者・団体)

・「地域環境美化功績者表彰」          60件(12名、48団体)

(地域環境の美化のため、多年にわたり、顕著な功績のあった者・団体)

参考

(環境保全功労者等表彰制度設立の経緯)

・昭和47年6月、ストックホルムにおいて国連人間環境会議が開催され、我が国の提唱により国連で6月5日を「世界環境デー」と設定。

・昭和48年度から6月5日を初日とする1週間を「環境週間」とし、平成3年度からは従来の週間の幅を拡大して、6月の1か月間を「環境月間」として全国的な普及啓発活動を展開。

・昭和51年度に「環境週間」行事の一環として、「環境保全功労者表彰」の制度を創設。

・その後、昭和54年度に「地域環境美化功績者表彰」(都道府県知事、政令指定都市市長推薦)を、昭和56年度に「地域環境保全功労者表彰」(都道府県知事、政令指定都市市長推薦)を創設。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総務課

  • 代表03-3581-33561
  • 直通03-5521-8210
  • 課長松本啓朗(内線 6130)
  • 課長補佐増田直文(内線 6163)
  • 担当藤本なな絵(内線 6170)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ