報道発表資料

令和2年5月7日
自然環境
この記事を印刷

第74回「愛鳥週間」令和2年度野生生物保護功労者表彰について

令和2年5月7日(木)

 環境省では、野生生物保護に関し特に顕著な功績のあった個人及び団体に対し、その功績をたたえるため、毎年愛鳥週間の期間に表彰を行い、環境大臣賞並びに環境省自然環境局長賞を授与しています。

概 要

 愛鳥週間は、野鳥を保護し愛鳥思想を広く国民に普及するため、昭和22年4月10日に「バードデーの集い」(現、(公財)日本鳥類保護連盟(以下「連盟」)主催)として始まりました。その後、昭和25年に毎年5月10日から16日の1週間を「愛鳥週間」と定め、現在まで続いています。

<令和2年度の表彰数及び表彰者名> ※詳細は別紙のとおり

1.環境大臣賞(個人4件、団体2件、計6件)

  橋本 正弘 (大阪府推薦)

  坂本 充 (広島県推薦)

  常田 守(鹿児島県推薦)

  市橋 直規(環境省自然環境局長推薦(鳥取県))

  にいがた野鳥の会(新潟県推薦)

  特定非営利活動法人しまね野生鳥獣救護ボランティア(島根県推薦)

2.環境省自然環境局長賞(個人3件、学校1件、団体2件、計6件)

  山川 弘一 (福島県推薦)

  河地 辰彦 (栃木県推薦)

  小山 正人 (埼玉県推薦)

  甲賀市立甲南第三小学校 (滋賀県推薦)

  嬬恋村高山蝶を守る会 (環境省自然環境局長推薦 (群馬県))

  浅間山系ミヤマシロチョウの会 (環境省自然環境局長推薦 (長野県))

 なお、例年「愛鳥週間」中に「全国野鳥保護のつどい」を(公財)日本鳥類保護連盟と共催し、その中で表彰式を開催しておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し、本年度は中止とさせていただきます。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8282
  • 課長中尾 文子(内線 6460)
  • 課長補佐安西 正浩(内線 6461)
  • 係長小野田 佑里絵(内線 6467)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ