報道発表資料

令和2年3月31日
総合政策
この記事を印刷

令和元年度環境教育体験活動優良事例の公表について

環境省では、環境教育の体験活動事例を広く募集し、皆様の取組に参考にしていただけるよう優良事例を選定し、環境省ウェブサイトにて公表しましたので、お知らせいたします。

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(以下、「環境教育等促進法」という。)に基づく「環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び環境教育並びに協働取組の推進に関する基本的な方針(以下、「基本方針」という。)」(平成30年6月閣議決定)では、持続可能な社会づくりへの主体的な参加と、循環と共生という観点からの参加の意欲を育むための「体験活動」を促進することが重要であるとしています。自分の世界と違った世界に触れる「体験活動」を通して、これまでになかった気付きや感動を得ることができ、持続可能な社会づくりへの参加の意欲を育むことが期待されます。

そこで、体験活動への参加意欲を喚起するとともに、体験活動を提供・企画する民間団体や事業者、地方公共団体による体験活動の場や機会の充実を図ることを目的として、令和元年8月22日(木)から令和元年12月16日(月)までの間、環境教育体験活動の事例を広く募集しました。

御応募いただいた事例の中から、環境省において、別紙「優良事例の考え方」に基づき、環境教育等促進法共管省庁(※)との協議も踏まえて、優良事例として選定し、環境省ウェブサイト上で「環境教育体験活動優良事例」として公表しました。これら優良事例も参考に、更に体験活動の取組が広がることを期待いたします。

◎環境省ウェブサイトhttps://edu.env.go.jp/system.html

  • 環境教育等促進法共管省庁

       環境省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室長三木 清香(内線 6240)
  • 室長補佐端山 耕司(内線 6272)

関連情報

過去の報道発表資料

令和元年8月22日
環境教育体験活動優良事例の募集について

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ