報道発表資料

令和2年1月27日
総合政策
この記事を印刷

令和元年度環境技術実証事業 中小水力発電技術区分に関する事業説明会の開催について

 環境省では、中小水力発電技術のユーザー及びメーカー・開発者を対象とし、令和2年2月26日(水)に令和元年度環境技術実証事業中小水力発電技術区分に関する事業説明会を開催いたします。

1.開催趣旨

 環境技術実証事業は、既に実用化された先進的な環境技術の環境保全効果等を客観的に評価し、その結果を公表することで、環境技術の利用者の技術の購入・導入時の適正な選択を可能にし、環境技術の普及を促進することを目的とした事業です。

 この度、中小水力発電の有用性や過去の実証事例を御紹介することで中小水力発電に関する理解を深め、また、本事業を広く周知していただくことを目的とし、中小水力発電技術区分に関する事業説明会を開催いたします。

2.開催日時

令和2年2月26日(水)

第1部:小水力発電ユーザー向け説明会  10:00~11:30

第2部:水車メーカー・開発者向け説明会 13:00~14:30

3.場所

一般社団法人小水力開発支援協会会議室

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-11-4第三高橋ビル8階

4.定員

20名(先着順)

5.参加費

無料

6.プログラム(予定)

第1部:中小水力発電技術のユーザー向け説明会

(1)環境技術実証事業の概要     (環境省 環境研究技術室)  

(2)小水力発電の有用性と展望    (一般社団法人 小水力開発支援協会)

(3)実証技術の事例         (株式会社松本鉄工所)

(4)その他、質疑応答           

   

第2部:中小水力発電技術のメーカー・開発者向け説明会

(1)環境技術実証事業の概要   (環境省 環境研究技術室)    

(2)中小水力発電技術区分の概要 (一般社団法人 小水力開発支援協会)

(3)実証技術の事例       (株式会社エリス)

(4)申請方法の概要       (一般社団法人 産業環境管理協会)

(5)その他、質疑応答

    

7.申込方法

 参加を希望される方は、2月21日(金)17時までに、「8.申込み・問合せ先」まで電子メールにてお申込みください。

 なお各回とも申込先着順で定員(20名)になり次第締切りとさせていただきますので、予め御了承ください。参加の可否につきましては、事務局よりご返信させていただきます。

<参加申込記載事項>

件名:メールの件名を 「ETV中小水力説明会参加申込み」 とし、本文に以下(1)~(7)をご記載ください。

    1. 氏名(フリガナ)

    2. 貴社名 <申込先>

    3. 御所属部署及び役職名

    4. 御所属先住所

    5. 電子メールアドレス

    6. 電話番号

 参加を希望される時間帯の記載(①第1部のみ参加 ②第2部のみ参加 ③第1部・第2部の両方参加のいずれかを記載)

8.申込み・問合せ先

令和元年度環境技術実証事業中小水力発電技術区分 実証機関

一般社団法人小水力開発支援協会 担当:佐藤 海

電子メール:etv@jasha.jp

住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-11-4第三高橋ビル8階

電話:03-5980-7820 FAX:03-5980-7065

9.その他

本事業全般については、環境技術実証事業のウェブサイトを御参照ください。

https://www.env.go.jp/policy/etv/index.html

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境研究技術室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8239
  • 室長関根 達郎(内線 6241)
  • 担当辻川 優祐(内線 6243)
  • 担当柳川 立樹(内線 6244)
ページ先頭へ