報道発表資料

令和元年10月15日
地球環境
この記事を印刷

令和元年度二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業2次公募の採択結果について

 環境省では、二酸化炭素の資源化を実現するための課題を克服し、モデル的取組を行うことにより低炭素社会及び炭素循環社会の構築を促進するため、「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に取り組んでおります。この度、以下の事業を採択しましたので、お知らせします。
 公募期間:令和元年7月12日(金)~令和元年8月9日(金)

【課題名】

廃棄物処理施設からの二酸化炭素を利用した化学品製造に関する技術開発と実証

【技術開発代表者】

積水化学工業株式会社

【事業期間(予定)】

令和元年度から令和4年度まで

【概要】

 廃棄物焼却施設のガス化炉から排出される二酸化炭素を、廃熱と水素を活用して一酸化炭素と水素の合成ガスに変換する。また、生成した合成ガスと微生物触媒を用いて、エタノールを製造し、一連のプロセスの検証と評価を行う。これにより、二酸化炭素は一酸化炭素または合成ガスを介して、石油化学製品の原料となるエタノールに変換でき、基幹化学品の製造が可能となる。さらに、本プロセスにより製造した化学製品は、二酸化炭素から資源化されるため、炭素循環的に利用できることとなる。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐日坂 仁(内線 7725)
  • 担当葛岡 義和(内線 7721)
ページ先頭へ