報道発表資料

令和元年9月30日
再生循環
この記事を印刷

建設リサイクル法に係る全国一斉パトロールの実施 ~現場における適切な分別解体、再資源化の徹底に向けて~

 環境省では、厚生労働省及び国土交通省と協働で建設リサイクル法合同一斉パトロールを令和元年10月頃~同年11月頃まで実施します。
 平成14年度に「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)が完全施行されてから、今年度で17年が経過し、この間、現場における適切な分別解体、再資源化の徹底を図るため、全国の行政庁において毎年延べ約8万時間に及ぶ現場パトロールを実施してまいりました。
 こうした取組もあり、建設リサイクル法の目的である、建設資材のリサイクル率の向上や不法投棄量の減少について着実に成果が上がっているところです。
 平成28年6月に「解体工事業」が建設業法に新設されたことを受け、解体工事に関し新たに許可を取得する者が増加していることや、解体工事に伴うアスベスト飛散の防止及びフロン類の廃棄時回収など、必要となる知識・技術がより広範になり、これまで以上に現場における法令の遵守徹底が重要になっていることを踏まえ、更なる現場指導の徹底や監視の強化を図ってまいります。

1.実施期間  

 令和元年10月頃~同年11月頃まで

※上記は概ねの期間であり、都道府県・市区町村により実施期間は異なります。

※この期間以外においても、定期的に現場パトロールを実施しております。

 

2.実施機関

 各都道府県及び特定行政庁の建設リサイクル法担当部局、環境部局及び各都道府県労働局の労働基準監督署が合同で実施

 

3.実施内容 

【建設リサイクル法担当部局】建設リサイクル法の遵守状況の確認及び周知徹底

【環境部局】廃棄物処理法、大気汚染防止法及びフロン排出抑制法の遵守状況の確認及び周知徹底

【労働基準監督署】労働安全衛生法、石綿障害予防規則の遵守状況の確認及び周知徹底

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6205-4946
  • 室長冨安 健一郎(内線 6831)
  • 課長補佐和田 直樹(内線 7862)
  • 担当氏家 広大(内線 6828)
ページ先頭へ