報道発表資料

令和元年9月26日
再生循環
この記事を印刷

2019年「3R推進月間」の取組を一挙紹介!~限りある資源を未来につなぐ取組が全国で拡大!~

 毎年10月は、「3R推進月間」として、全国の地方公共団体や民間企業等で、3Rや循環型社会の構築に向けた様々な情報発信などを展開しています。
 今年度は、全国の地方公共団体(都道府県、政令指定都市、中核市、東京特別区等)で、関連行事が開催されますのでお知らせします。
また、環境省においても、3Rの態度変容と行動喚起を目的としたイベント「Re-Style FES!」を、イオンモール幕張新都心をはじめ、全国7都市で開催します(※一部開催済み)。

1.全国の地方公共団体が「3R推進月間」行事を開催!

 今年度は、全国43の地方公共団体(24都道府県、14政令指定都市・中核市等、5特別区)で実施します。(詳細は「別紙」をご参照ください。)

 環境省においても、資源の大切さや3Rを、より多くの皆さんに知っていただくため、3R行動促進イベント「Re-Style FES!」の開催(詳細は下記参照)や、日頃の消費行動を3R行動へ誘発する「選ぼう!3Rキャンペーン」(後日発表予定)の全国展開等、様々な取組を実施しています。

※参考 

 環境省では、国民や事業者の取組を1R(リサイクル)から3R(リデュース:省資源、ごみの発生抑制、リユース:シェアリングや長期の再使用、リサイクル:分別、資源の再生利用)へ拡大していくために、平成14年より毎年10月を「3R推進月間」として、関係8府省(環境省、経済産業省、内閣府、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)とともに、様々な情報発信などを展開しています。

<取組紹介>

都道府県の主な取組をご紹介します!