報道発表資料

令和元年7月18日
地球環境
この記事を印刷

フロン排出抑制法に基づく平成30年度のフロン類の再生量等及び破壊量等の集計結果を公表します

「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(以下「フロン排出抑制法」という。)に基づき、毎年度、主務大臣に対し、第一種フロン類再生業者は「フロン類の再生量等の報告」を、フロン類破壊業者は「フロン類の破壊量等の報告」を行うこととなっております。
今般、環境省及び経済産業省は、第一種フロン類再生業者及びフロン類破壊業者から平成30年度分の報告を受け、その集計結果を取りまとめましたので公表します。
環境省では、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化を一層促進していくため、経済産業省や都道府県等とも連携しつつ、フロン排出抑制法の施行の徹底を図ってまいります。

集計結果概要

  • 平成30年度のフロン類の再生量の合計は約1,351トンであり、前年度と比較して4.3%増加。

  • 平成30年度のフロン類の破壊量の合計は約4,364トンであり、前年度と比較して3.9%減少。

  • 平成30年度のフロン類の再生量と破壊量の合計は約5,715トンであり、前年と比較して2.1%減少。

添付資料

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課フロン対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8329
  • 室長馬場 康弘(内線 6750)
  • 室長補佐藤田 祐輔(内線 6751)
  • 担当石黒 哲郎(内線 7750)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ