報道発表資料

令和元年5月31日
自然環境
この記事を印刷

みちのく潮風トレイル全線開通記念式典・シンポジウムの開催について

環境省は、東日本大震災後、持続可能な地域づくりを目指すと共に豊かな自然と地域の暮らしを未来に引き継ぐため「グリーン復興プロジェクト」を策定し、その取り組みの一つとして青森県八戸市から福島県相馬市までの4県28市町村にまたがる太平洋沿岸を一本の道で繋ぐ「みちのく潮風トレイル」の設定を進めて参りました。この度、6月9日をもって、未開通区間であった①岩手県岩泉町、②岩手県宮古市南部~山田町、③宮城県石巻市北部、④宮城県石巻市~仙台市の各区間が開通することとなり、全長1,025kmのみちのく潮風トレイルの設定が完了する運びとなりました。
つきましては、これを記念して式典・シンポジウムを開催いたしますのでお知らせします。

1.日時

令和元年6月9日(日) 13時30分から17時まで

2.場所

名取市文化会館大ホール(宮城県名取市増田字柳田520番地)

3.主催

環境省、名取トレイルセンター運営協議会

4.参加申込

事前申込不要。どなたでも御参加いただけます。

5.内容

【記念式典   13:30~14:45】

原田環境大臣による全線開通宣言等を行います。

【シンポジウム 14:50~17:00】

歩く旅の楽しみ方、みちのく潮風トレイルの活用の仕方等をテーマとして、下記の方々による基調講演、パネルディスカッションを行います。

[基調講演]講演者:市毛良枝 さん(俳優 日本トレッキング協会理事)

[パネルディスカッション]

パネリスト: 

なすび  さん(俳優・タレント、山の日アンバサダー、みちのく潮風トレイルを踏破)

多田稔子 さん(田辺市熊野ツーリズムビューロー会長)

土屋智哉 さん(ロングトレイルハイカー、(株)ハイランドデザイン代表)

渡邉綱男 さん(元環境省自然環境局長、(一財)自然環境研究センター上級研究員)

進行:木村宏 さん(北海道大学観光学高等研究センター特任教授、NPO法人日本ロングトレイル協会常務理事)

6.関連行事

【みちのく潮風トレイル全線開通記念関連イベント】

  みちのく潮風トレイルの全線開通を記念して、関係するトレイル沿線上の自治体が中心となり、一般参加者を対象としたウォークイベントが開催されます。詳細は資料3をご確認ください。

7.ルートマップについて

  詳細のルートマップは、開通後に以下のURLで公開します。

  http://tohoku.env.go.jp/mct/

<取材について>

1.式典終了後に原田環境大臣によるぶらさがり会見を行う予定です。

2.式典・シンポジウム及び、ぶらさがり会見の取材にあたっては、事前登録が必要となります。

6月7日正午(厳守)までに東北地方環境事務所へFAXによりお申し込み下さい。

   ○東北地方環境事務所 国立公園課

    FAX:022-722-2872

添付資料

連絡先

環境省自然環境局国立公園課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8279
  • 課長中尾 文子(内線 6440)
  • 課長補佐中島 治美(内線 6650)
  • 係長安藤 祐樹(内線 6690)

環境省自然環境局自然環境計画課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8343
  • 課長植田 明浩(内線 6430)
  • 課長補佐宮澤 泰子(内線 6435)
  • 係長山本 康仁(内線 6499)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ