報道発表資料

令和元年5月23日
地球環境
この記事を印刷

2019年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募について

この度、2019年度「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」新規課題の二次公募を開始することとなりましたので、お知らせします。

1.事業の概要

CO2排出削減技術の高効率化や低コスト化等のための技術的な課題をブレークスルーし、優れたCO2排出削減技術を生み出し、社会に実装していくことで、将来的な地球温暖化対策の強化につなげることが極めて重要です。一方、民間に委ねるだけでは必要なCO2排出削減技術の開発が必ずしも十分に進まないことから、本事業により、将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の優れた技術の開発・実証を主導し、CO2排出量の大幅な削減及び地域循環共生圏の構築を目指します。

2.公募実施期間

令和元年5月23日(木) ~ 令和元年6月19日(水)17時

3.対象等

対象:民間企業 等

内容:委託又は、補助(補助率最大1/2)

4.予算及び実施期間

予算は1課題・単年度当たり3千万円~5億円程度(補助金は事業費ベース)、実施期間は原則3年間以内とします。

5.応募方法

本事業へ応募される場合には、下記の環境省ホームページから本事業の応募様式等をダウンロードし、公募要領・作成要領にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

環境省ホームページ「地方公共団体・事業者向け支援事業」

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html

「2019年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募について」

http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/biz_local/31_06/2019co2_1.html

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐佐藤 滋芳(内線 6791)
  • 担当柳川 立樹(内線 6795)
ページ先頭へ