報道発表資料

令和元年5月14日
総合政策 地球環境
この記事を印刷

中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会の第9回の開催について

中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会第9回を令和元年5月24日(金)に開催します。なお、審議は公開です。

1.開催の日時・場所

(1)日時 令和元年5月24日(金) 15:00~18:00(最大)

(2)場所 航空会館 7階 大ホール

      (東京都港区新橋1-18―1)

2.議事(予定)

(1)これまでの議論のまとめ

(2)CO2排出削減と関連のある既存の制度について

(3)カーボンプライシングの意義・効果及び課題等

 ※議事は追加・変更される可能性があります。

3.傍聴

(1)傍聴を希望される方は、5月21日(火)正午(必着)までに、下記の要領に従い、電子メールにて、下記4.申込先(中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会事務局)までお申込みください。

・お申込みの際には、電子メールの件名に「中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会傍聴希望」と明記し、[1]氏名、[2]フリガナ、[3]住所、[4]勤務先又は所属団体、[5]電話番号、[6]傍聴券の送付先(電子メールアドレス)を御記入ください。なお、お申込みは傍聴希望者1名につき1通といたします。

・事前にお申込みのない方の当日受付はいたしかねますので、御了承ください。

・会場の都合上、傍聴可能人数は100名程度を予定しております。傍聴申込み締切後、参加者多数の場合は抽選とし、「傍聴可」の方には傍聴券を、「傍聴不可」の方にはその旨を、5月22日(水)正午までに御指定頂いた電子メールアドレスに御連絡いたします。

※申し込みの際に頂いた情報は、環境省が本小委員会の運営の一部を委託して

いるみずほ情報総研株式会社へ提供いたします。頂いた情報は環境省保有個人情報管理規程、みずほ情報総研「お客さまの個人情報保護に関するプライバシーポリシー」に基づいて取扱い、「中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会第9回」傍聴者の管理及び傍聴券の発行以外に使用することはありません。

<報道関係者の方へ>

※取材を希望される報道関係者の方も、上記申込要領に従ってお申し込みください。

・カメラ撮りを御希望の方は、その旨をあわせて御記入ください。

・なお、カメラ撮りは会議の冒頭のみとし、当日は腕章の着用をお願いいたします。

(2)環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。本審議会の資料については、原則として、5月23日(木)中に下記の環境省ウェブサイト上に掲載いたします。(http://www.env.go.jp/council/06earth/yoshi06-19.html)。

・5月23日(木)中に掲載されなかった資料につきましては、当日会場で配布いたします。

・傍聴に当たっては、環境省ウェブサイトに掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に予め保存の上、当日御持参いただく等、ペーパーレス化への御協力をよろしくお願いいたします。

・会場において環境省ウェブサイトにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、御自身で通信環境をご用意いただくようお願いします。

4.申込先

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 市場メカニズム室

  「中央環境審議会地球環境部会カーボンプライシングの活用に関する小委員会事務局」

  担当 庄司・若山・臼井

  TEL 03-5521-8230 

  FAX 03-3580-9568

E-mail carbon10@env.go.jp

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8230
  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 課長補佐清水 延彦(内線 6276)
  • 担当羽田野 誉(内線 7204)

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8230
  • 室長鮎川 智一(内線 7212)
  • 室長補佐新原 修一郎(内線 7209)
  • 担当庄司 友(内線 7208)
ページ先頭へ