報道発表資料

平成31年4月5日
大気環境
この記事を印刷

建設リサイクル法に係る全国一斉パトロールに伴う大気汚染防止法の遵守状況等の確認結果について

 建設リサイクル法に基づく分別解体及び再資源化等の適正な実施の確保を目的に、各都道府県において、昨年5月及び10月に全国一斉パトロールを実施しました。
 この機会に合わせて、建築物の解体工事現場等における石綿の飛散防止等大気汚染防止法の遵守状況の確認及び適切な指導を行うとともに、発注者及び受注者等に対する大気汚染防止法の周知を実施しましたので、その結果を公表します。

1 実施期間

平成30年5月(春期)、10月(秋期)

※都道府県・市区町村によって実施日は異なります。なお、この期間以外においても、定期的に現場パトロールを実施しております。

※各都道府県及び政令市等の建設リサイクル法担当部局及び大気汚染防止法担当部局並びに各都道府県労働局の労働基準監督署が合同で実施しました。

2 実施結果

現地調査の結果は下表のとおりです。


 大気汚染防止法違反があった作業場や都道府県及び政令市が定めた条例違反があった作業場に対しては、都道府県等から行政指導が行われており、その数は春期に702件、秋期に735件でした。主な指導内容は、事前調査結果の掲示不備でした。なお、命令及び告発はありませんでした。

 引き続き、関係省庁、各都道府県と連携しながら、大気汚染防止法の遵守及び周知徹底に取り組んで参ります。

連絡先

環境省水・大気環境局大気環境課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8293
  • 課長髙澤 哲也(内線 6530)
  • 課長補佐秋山 幸俊(内線 6533)
  • 係長藤沢 弘幸(内線 6536)
ページ先頭へ