報道発表資料

平成31年4月12日
地球環境
この記事を印刷

地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けた経済産業省と環境省の連携チームの発足について

 地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けて、経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長と環境省大臣官房政策立案総括審議官を共同チーム長とする「地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けた連携チーム」を新たに発足します。

1.概要

 分散型エネルギーシステムは、省エネルギーの推進や再生可能エネルギーの普及拡大、エネルギーシステムの強靭化に貢献する取組として重要であるとともに、コンパクトシティや交通システムの構築等、まちづくりと一体的にその導入が進められることで、地域の活性化にも貢献し、地域循環共生圏の形成にも寄与するものです。

こうした観点から、エネルギー基本計画や環境基本計画を踏まえ、地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築の両者に有効な政策について、経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長と環境省大臣官房政策立案総括審議官を共同チーム長とする連携チームを新たに発足し、当面、以下の項目について、関係省庁とも連携しつつ、検討していきます。また、連携チームの構成員には、今後必要に応じて併任発令を検討するなど、円滑な連携体制としていきます。(詳細は別紙参照)

2.連携チームでの検討項目

(1)共同実証事業等を通じた地域での分散型エネルギーシステムの構築

(2)再生可能エネルギーの主力電源化の実現に向けたコスト低減、地域への普及拡大、環境アセスメントの効率化

(3)地域や個別需要家等のエネルギー需要サイドの脱炭素化

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249
  • 課長奥山 祐矢(内線 6736)
  • 課長補佐岸 雅明(内線 6721)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ