報道発表資料

平成31年2月14日
大臣官房 総合政策 自然環境
この記事を印刷

森里川海からはじめる地域づくりシンポジウム ~「地域循環共生圏」の創造に向けて~

                               平成31年2月14日(木)

環境省では、2014年に「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトを立ち上げ、「森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと」と「一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること」を目標に、森里川海の保全・再生とそこから生み出される恵み(フロー)を生かした地域づくりに取り組んでいます。

本シンポジウムでは、2016年から取り組んできた10実証地域の成果を紹介するともに、「第五次環境基本計画」で打ち出された『地域循環共生圏』の創造に向けた森里川海からのアプローチについて議論します。

概  要

日  時:平成31年3月12日(火) 13:30~17:00(開場13:00)

会  場:損保会館 2F大会議室(東京都千代田区神田淡路町2-9)

募集人数:150名

参 加 費:無料・事前申し込み制 (※ただし定員に達した時点で、募集を締め切ります。)

募集締切:平成31年3月5日(火)

主  催:環境省

プログラム

開会挨拶 /環境省 大臣官房総合環境政策統括官 中井 徳太郎

第一部 /実証地域における取組成果(13:35)

    ・宮城県南三陸町・神奈川県小田原市・石川県珠洲市・滋賀県東近江市・大阪府吹田市/能勢町

    ・岡山県高梁川流域・山口県椹野川流域・徳島県吉野川流域・福岡県宗像市・佐賀県鹿島市

第二部 /森里川海からはじめる地域づくり~地域循環共生圏構築の手引き~(15:05)

     環境省 自然環境局 自然環境計画課 保全再生調整官 岡野 隆宏

第三部/ パネルディスカッション(15:35)

    ~森里川海を生かした『地域循環共生圏』の創造に向けて~

(コーディネーター) 東京都市大学環境学部 特別教授 涌井 史郎

(パネリスト)    三井住友信託銀行 経営企画部サステナビリティ推進室 審議役 石原 博

           NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長 鬼沢 良子

           京都大学農学研究科 教授 栗山 浩一

           公益財団法人日本生態系協会 事務局長 関 健志

           東京農業大学農山村支援センター 竹田 純一

           環境省大臣官房総合環境政策統括官 中井 徳太郎

閉会挨拶/環境省 大臣官房審議官 鳥居 敏男

申込方法

下記のページより、お申込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfPBfg53fj7Bj4O-Ls4725qqaco11F6uKCFqfK5qp9ni01yFA/viewform?usp=sf_link

※お申込みいただいた方には、参加票をメールにてお送りいたします。当日は、参加票(メール本文)を印刷の上、ご持参ください。応募多数の場合には、先着順とさせていただきます。

●報道関係者の方へ

報道関係者の方は代表1名が下記のアドレスまでメールでお申込みください。

chiikijunkan0312@ideacon.co.jp

メールの題名に【報道関係】地域循環共生圏構築に向けたシンポジウムと記載し、あわせて「報道関係者 計○名、スチルor ムービー」等の情報を御記入ください。

申込お問い合わせ

シンポジウム事務局 いであ株式会社 国土環境研究所環境計画部 吉村・菊地・高橋

TEL 045-593-7608  E-mail chiikijunkan0312@ideacon.co.jp

会場地図

          

損保会館(2F大会議室)

東京都千代田区神田淡路町2-9 

http://www.sonpo-k.co.jp/access.html

・JR 御茶ノ水駅 聖橋口5

・JR 秋葉原駅 電気街口5

・千代田線  新御茶ノ水駅B2出口3

添付資料

連絡先

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8343
  • 課長植田明浩(内線 6430)
  • 調整官岡野隆宏(内線 6290)
  • 専門官根田聖児(内線 6493)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ