報道発表資料

平成30年11月5日
総合政策
この記事を印刷

公開セミナー「地域を豊かにする脱炭素社会に向けた取組~どう進めれば脱炭素社会に近づける?最前線の取組~」の開催について

 環境省は11月29日(木)に公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)との共催、一般社団法人イクレイ日本の協力により、セミナー「地域を豊かにする脱炭素社会に向けた取組~どう進めれば脱炭素社会に近づける?最前線の取組~」を開催します。
 2015年にパリで開かれた国際会議で、温室効果ガス削減に関する国際的取り決めが行われました。このパリ協定の着実な実施のためには、地域の特性に応じた効果的な地球温暖化対策を進めていくことが重要です。本セミナーでは、地方自治体や有識者を迎え、各地域における脱炭素に向けた取組と将来展望について、COP24への参加を控えた首長を交えて議論を深め、共有することを目的としています。なお、セミナーは公開で行います。

1.日時 平成30年11月29日(木)13:00-17:30(受付12:30より)

2.場所 TEPIAホール(東京都港区北青山2-8-44) http://www.tepia.jp/access

     東京メトロ銀座線 外苑前駅3番出口から徒歩4分

     JR千駄ヶ谷駅又は信濃町駅から徒歩14分

     都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩11分又は青山一丁目駅から徒歩9分

3.主催 環境省、公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

  協力 一般社団法人イクレイ日本

4.定員 200名程度

5.申込方法 

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)お申込みサイト

https://www.iges.or.jp/jp/cty/20181129.html)よりお申込みください。

※申込締切: 201811月22日(木)

※申込者数が定員に達し次第、締め切らせて頂く場合がございます。

※当日資料については、20181127日(火)を目処に(https://www.iges.or.jp/jp/cty/20181129.html)に掲載いたします。

 傍聴に当たっては、当ページに掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に保存の上、当日ご持参いただく等、ペーパーレス化へのご協力をよろしくお願いいたします。なお、会場からホームページにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、ご自身で通信環境をご用意いただくようお願いします。

6.プログラム

第1部

13:00-13:10

開会挨拶:環境省

13:10-14:30

鼎談「自治体の今と将来展望~COP24に向けて~」

 登壇者:富山市長 森雅志氏、板橋区長 坂本健氏、環境省

休憩

第2部 ―テーマ別ディスカッション―

14:40-16:00

なぜ脱炭素政策は地域を豊かにするのか?

登壇者:一般社団法人地域政策デザインオフィス 代表理事 田中信一郎氏

    日本政策投資銀行 産業調査本部 副本部長 竹ケ原啓介氏

    【調整中】横浜市、京都市

進行役:IGES都市タスクフォース プログラムディレクター 藤野純一氏

16:00-17:20

地域エネルギーポテンシャルの顕在化を軸とした地域の脱炭素の取組

登壇者:NPO法人しもかわ森林未来研究所 研究員 春日隆司氏

    【調整中】札幌市、小田原市

    環境省

進行役:【調整中】

17:20-17:30

閉会挨拶:IGES

連絡先
環境省大臣官房環境計画課
代表   03-3581-3351
直通   03-5521-8234
課長   川又 孝太郎(内6220)
課長補佐 泉 勇気(内6223)
室長補佐 曽山 信雄(内7230)
担当   鹿木 宣宏(内6280)

ページ先頭へ