報道発表資料

平成30年8月23日
自然環境
この記事を印刷

平成30年度生物多様性保全推進交付金(生物多様性保全推進支援事業)二次公募の採択結果について

環境省では、地域における生物多様性の保全・再生に資する活動等を支援する「生物多様性保全推進支援事業」を実施しています。
今般、二次公募を実施し、8件を採択しましたので、その結果についてお知らせします。

1.生物多様性保全推進支援事業(二次公募)の概要

自然共生社会づくりを着実に進めていくため、地域における生物多様性の保全再生に資する活動等に対し、必要な経費の一部を国が交付します。

対象となる事業の要件は、下記の①~②です。

①国内希少野生動植物種生息域外保全 種の保存法に基づく国内希少野生動植物種について、動植物園等が実施する種の保存に資する飼育・繁殖・野生復帰の取組等
②国内希少野生動植物種保全

種の保存法に基づく国内希少野生動植物種について、地方公共団体や特定非

営利活動法人、民間事業者等が主体的に実施する分布状況調査・保全計画策

定、生息環境改善等

2.採択事業一覧

交付対象事業者事業名該当する要件
秋田市 秋田市大森山動物園におけるシマフクロウの生息域外保全事業 ①国内希少野生動植物種生息域外保全
国立科学博物館筑波実験植物園 繁殖条件未知種における生息域外保全手法開発と実践運用 ①国内希少野生動植物種生息域外保全
公益財団法人富山市ファミリーパーク公社 富山市ファミリーパーク・ライチョウ保全プロジェクト ①国内希少野生動植物種生息域外保全
熊本大学薬学部附属薬用資源エコフロンティアセンター 九州島の絶滅危惧シダ植物の生育域外保全 ①国内希少野生動植物種生息域外保全
羽島市 希少な生き物・郷土の宝イタセンパラを守る地域・人づくり連携事業 ②国内希少野生動植物種保全
真庭市 フサヒゲルリカミキリの住み続ける草原の生息環境保全事業 ②国内希少野生動植物種保全
熊本大学薬学部附属薬用資源エコフロンティアセンター 熊本県山鹿市のヒュウガシケシダ生育地保全 ②国内希少野生動植物種保全
認定NPO法人阿蘇花野協会 阿蘇地域におけるハナシノブ生育地再生による生物多様性保全推進事業 ②国内希少野生動植物種保全



連絡先
環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
直通  03-5521-8353
代表  03-3581-3351
室長   番匠 克二(内線6677)
室長補佐 奥田 青州(内線6685)
担当   大門 亮介(内線7472)

ページ先頭へ