報道発表資料

平成30年6月19日
再生循環
この記事を印刷

廃棄物処理施設整備計画の閣議決定及び意見募集の結果について

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく廃棄物処理施設整備計画について、2018年度から2022年度を計画期間とする新たな計画が、本日閣議決定されましたので、お知らせいたします。
また、平成30年5月8日(火)から5月28日(月)に実施した「廃棄物処理施設整備計画(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果についても、お知らせいたします。

1.新たな廃棄物処理施設整備計画について

(1)背景

 廃棄物処理施設整備計画は、廃棄物処理施設整備事業の計画的な実施を図るため、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第5条の3に基づき、5年ごとに策定されるものです。

今般、2018年度から2022年度の5ヶ年の廃棄物処理施設整備計画(以下「新計画」という。)が、閣議決定されたものです。

(2)新計画について

 新計画は、従来から取り組んできた3R・適正処理の推進や気候変動対策、災害対策の強化に加え、地域に新たな価値を創出する廃棄物処理施設の整備について強調しています。また、人口減少等、廃棄物処理をとりまく社会構造の変化に鑑み、廃棄物処理施設の適切な運営に必要なソフト面の施策についても記載を充実しています。

新計画の本文は別添1、ポイントは別添2のとおりです。

2.意見募集の結果

平成30年5月8日(火)から5月28日(月)までの間、「廃棄物処理施設整備計画(案)」について、国民の皆様からの意見募集(パブリックコメント)を実施しました。

(1)延べ意見提出者数 :  5件

(2)意見数: 7件

(3)御意見に対する考え方

頂いた御意見に対する環境省の考え方は、別添3のとおりです。

添付資料

連絡先
環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課
代 表:03-3581-3351
直 通:03-5501-3154
課  長:瀬川 恵子 (内線6841)
課長補佐:大沼 康宏 (内線6859)
主  査:桒村 亮広  (内線6848)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ