報道発表資料

平成30年1月25日
再生循環
この記事を印刷

世界循環経済フォーラム2018の開催について

 我が国は持続可能な開発目標(SDGs)の達成や循環型社会の構築に向けた取組を進めていますが、その取組の一環として、平成30年10月22日(月)及び23日(火)に横浜で「世界循環経済フォーラム2018」を開催します。
 本フォーラムは、フィンランド・イノベーション基金(SITRA)との共催で開催し、世界各国から民間企業、政府関係者その他の循環経済に関わる様々なステークホルダー1,000名程度を招待し、循環経済に関する知見やベストプラクティス等について国際的な議論が行われる予定です。

1.背景

 G7を始めとする国際的な場で、持続可能な開発目標(SDGs)の達成や循環型社会の構築に向け、資源効率性の向上・3R推進や、関連するステークホルダーの協力等の重要性が認識されている。

 2017年6月には、日本、フィンランド、スウェーデン、ロシア、カナダ、ケニア等各国の閣僚クラスや国連環境計画(UNEP)、国連工業機関(UNIDO)などの国際機関、IBM、DELL、IKEAやフィリップスなどの国際企業を含む、105か国からの約1500人が参加した第1回世界循環経済フォーラム2017がフィンランドにおいて開催されました。

2.世界循環経済フォーラム2018概要

主催:日本国環境省及びフィンランド・イノベーション基金(SITRA)

日程:平成30年10月22日(月)~23日(火)

場所:パシフィコ横浜 国際会議場

参加者:各国政府関係者、自治体、民間企業、NGO他 1,000人程度(招待制)

3.テーマ案(調整中であり暫定的なもの)

○ 長期的な循環ビジョン

○ 循環経済の経済的便益

○ 循環経済とファイナンス

○ 循環経済を具現化するビジネスモデル

○ 循環経済に向けた環境教育

など

(参考)

世界循環経済フォーラム2018 ウェブサイト(英語)

http://www.wcef2018.com

【報道発表】世界循環経済フォーラム2017について

http://www.env.go.jp/press/104188.html

連絡先
環境省環境再生・資源循環局
総務課循環型社会推進室
直  通 03-5521-8336
代  表 03-3581-3351
企 画 官 長谷川 敬洋
課長補佐 栗栖 雅宜(内線6814)
担 当  矢島 健一郎(内線7876)

ページ先頭へ